スタッフブログ

2015.01.23更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんまで、皆様の健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

 

昨日は休診日のため、たっぷりと休息をとらせて頂きました。
最近は天気の悪い日が続いておりましたが、今日はカラッと晴れてきたようで良かったです。 

小田原、足柄エリアというのは富士山、箱根山、そして海。
これらが一望できる空間は、やっぱり天気が良い日が最高ですね。

 

 

雨を除けば、多くの日で小野いんちょは河川敷や街中をウォーキングしています。
日によって色々なものを見ますが、四季を感じられるこの地域は歩いているだけでも楽しいものです。
大井町だけでなく、開成町や松田町など隣町も近いので案外歩くには良い距離ですね。

 

おの整骨院では患者さんに様々なストレッチや簡単な体操指導をしています。
世間を見渡すだけでも腰痛体操や○○体操と名を変え品を変え、様々な方法の体操があるので何からすればいいか悩んでしまいがちです。 

もちろん、おの整骨院で指導するストレッチや体操は効果的でお勧めですが、十人いれば十通りの指導法があります。
つまり万人に共通する体操というのは存在しません。

 


しかし、唯一万人に必要なものがあります。
それは『ウォーキング』です。

おの整骨院が勧める一番の養生法は「ウォーキング」これに勝るものはありません。

ウォーキングを超える養生法は決して存在しません。

 

というのも、人にとって歩くこととは生きる事そのものです。
やや哲学っぽくなりますが、
ヒトという動物は捕食・生殖という原始的な欲求に対して、しっかりと“移動”が出来なければ成しえません。

逆に言えば移動出来ないヒト科の動物は生存競争に生きていけないということです。

 

 

歩けない状態(ケガなど)に陥れば、他人の力(介護など)がなくては生活はままならないものとなります。
施設に入ったらすぐ認知症が悪化する話がありますが、これら他人の手が及びすぎることの弊害は少なからず存在します。

大切なのは“自立”することです。

 

 

話をウォーキングに戻しますと

ウォーキング(歩行)が人にとってなくてはならないものであり、歩く時間・距離が少なければ相対的に肉体は退化していきます。少々の痛みがあったとしてもまずは歩いてみることです。きっと体は軽快になり、スムーズな動きを取り戻すと思います。

 

もちろん骨折や脱臼、捻挫といったケガは一定の安静期間は必要ですが、ギックリ腰や寝違えのような症状についてもウォーキングが奏功することが多いです。大切なのは動くことに必要なことが何かということです。

 

ケガや後遺症があれば、まずは症状を落ち着かせてから歩くことをお勧め致します。

 

おの整骨院 小野

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
 主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: 小野いんちょ

2015.01.17更新

こんにちは、おの整骨院です。

 

本日1月17日は阪神淡路大震災から20年となりました。
テレビや新聞で頻繁に報道やコラムが掲載されているのでご存知の方が多いと思います。

あれから20年の月日が経つのだと思うと早いような、遠く感じるような不思議な感覚です。

 

 

私は当時小学生の時で家族旅行中でした。
早朝の旅館で、天地がひっくり返るような衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えております

“地震”とはこういうものだ
“災害”とはこういうものだ

そう教えられたような気がします。

 

 

家屋や生活環境を失った方々からすれば人生そのものを変えられてしまう大きな出来事です。軽率な発言はできませんが、あの震災が日本中に与えた防災認識の意味は非常に大きなものがあったと思います。勿論たくさんの犠牲があり、生半なことではありません。しかし、その経験と苦労を忘れずに明日へと生かしていかなくてはいけません。

 

おの整骨院がある足柄上郡には国府津松田断層という活断層があります。
関東大震災の時にはずいぶんと大きな爪痕を残したと云われています。

過去の災害経験を踏まえて、防災準備を進めて来る大災害に備えて参りましょう。

 

私は過去に東日本大震災で被災地へボランティア活動へ行きました。
現地ではたくさんのボランティアメンバーと共に作業したことが忘れられません。

誰かのために力になりたい。

その想いを忘れずに今後とも気を引き締めて診療に励んで参ります。

投稿者: 小野いんちょ

2015.01.14更新

こんばんは!小田原、足柄エリアでスポーツ選手から妊婦さん、ご家族の健康をサポートする。おの整骨院の小野です!

 

今日はドタバタと忙しく、こんな時間のブログ更新となってしまいました。

本日の午後は旧友がおの整骨院に来まして、久々に懐かしい話しや近況を話し合いました。

 

学生時代はスポーツ少年だった小野いんちょ。
あまり運動能力は高い方ではありませんでしたが、バレーボールが好きで中学時代をピークによくボールを追っかけていました。何度かボールに追っかけられることもありましたが、好きな競技だったので問題なしです。

私自身、足首や利き腕の肩をケガすることがよくありました。
スポーツ少年にとって切っても切れないものが

『スポーツ外傷』

 

それと『成長痛』ですね。
この違いについては別の機会で述べますが、やはりスポーツ全盛でやっているときには非常に悩みの種でありました。

 

地元である大井町で整骨院を営んでいると、私と同じ中学校の生徒さんや出身の学生が沢山来られます。
もちろん別の学校の生徒さんも来ますが、みんな一様にスポーツ外傷に対して悩んでいますね。

 

私たちの時代とは異なり、現在は多くの整骨院や整形外科といった医療機関が存在します。

選ぶ側にとってみれば恵まれているような気もしますが、痛みを抱えて悩んでいる本人からすれば切実な問題です。

 

彼ら、彼女らの力になれるようおの整骨院ではバックアップ体制を整え、テーピングの付け直しや学生料金の導入をしています。
大切な青春時代を全力で駆け抜けられるようなサポートを惜しみませんので、お困りの際にはおの整骨院にご相談下さい。

 

小野

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
 主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: 小野いんちょ

2015.01.10更新

こんにちは、小野です。

さっそくこちらの画像から。

 

おの整骨院のブラックボード。今回も楽しい作品ができました!

なんか凄いですね(笑)

 

当院には入口の前にブラックボードを置いています。

だいたい週替わりのペースで変えていますが、内容よりもインパクト重視!受付スタッフが全力で書き上げますが、その画力たるやご覧の通りです。いや、いつも感謝しております。ありがとうございました。

 

 

 

さて、首長のあけみちゃんが「その痛みほうっておくのは・・・ダメよ~ダメダメ」と言っているように、体の不調や軽い痛みを侮ってはいけません。

特に首、背中、腰といった体幹部においては、動きのみならず体の中枢部分ですから早期対応が重要です。

 

 

また時として寝違えやギックリ腰のように、突発的で強烈な痛みというものにも“痛みのサイン”とも呼べる前兆があります。

これを見逃すと強烈な痛みのみならず、痺れや頭痛といった症状にも発展する可能性が高いです。

 

 

「風邪はひき始めが肝心」というCMがありますよね。

同じ体ですから、体の不調や軽い痛みがあれば早めに対応することが重要です。

 

 

何らかの不調を感じたり、軽い痛みでご来院されれば、早々に処置ができることで大きな病態を未然に防ぐことになります。

整骨院では簡単な検査や問診、視診などでお体の状態を把握できますので、お体の不調を感じたらご相談ください。

 

小野

 

*おの整骨院の公式HP

http://www.onoseikotsuin.com/

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*受付スタッフによる受付目線でのTwitterです!

https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!相模金子エリアでNo.1

http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: 小野いんちょ