症状お悩みブログ

2017.09.25更新

坐骨神経痛に効くたった1つの治療法

こんにちは。

小田原・足柄上郡で根本改善の診療を行っている

おの整骨院です。

 

 

 

温めても坐骨神経痛は治らない
そんな強い坐骨神経痛にお悩みの方へおの整骨院では自信を持ってお勧めできる治療法が一つあります。
今回はその治療法で一人でも多くの方が元気を取り戻すことを願い書かせて頂きます。

 

 

 

1.そもそも温めることが必要なのか

病院や整形外科、整骨院などでは

一般的に温めて動きましょう、マッサージをして柔らかくしましょう

といった考え方が一般的だと私は思います。


では、そもそも温めることが体には必要なのでしょうか。



実は温めることに必要性はありません。

 


坐骨神経痛は冷えからくる症状ではなく、

本質的に体の機能が落ちていることでしびれや太ももの痛みを訴えます。

 

 

また、

 

冬は冷えるから坐骨神経痛がつらいのよ

 

とおっしゃる方もいますが、

そういった感情的なものではなく、

ちゃんと理由があって症状があり、

 

その理由、つまり

原因を排除しなくては神経痛は改善しません。



難しいことはわからない・・・

と言う方がほとんどだと思います。

なので理屈はこちらに任せてください。

 

 

 

2.坐骨神経痛にはアイシングが効く

神経痛は神経に炎症が起きて痺れや痛みを

引き起こしていると言われています。


つまり患部では炎症、

つまり熱が神経にダメージを与えるということです。



おの整骨院では、そこを踏まえて

炎症が起きている患部を冷やして神経痛の改善を狙います。


実際のところ多くの方が神経痛の改善が見られているため、

理論と現実が合っていることが分かります。



もしあなたが長い間温めているのに治らないであれば、

それは冷やした方がいい症例だと確信できます。

 

 

 

3.坐骨神経痛を温めることはいけないの?

温めることが100%悪いとは言いません。


しかし多くの方は温めている間は痛みを感じなくても

時間が経てば元に戻ってしまう現実を実感していると思います。



私は奇をてらってアイシングを勧めているのではなく、

現実的に炎症が起きてる所は冷やすことだと確信しているからです。

 

 

 

4.小田原に多い坐骨神経痛

おの整骨院では多くの坐骨神経痛でお悩みの方が来られます。

特に小田原からは多くの座骨神経痛の診断を受けた方が来ます。



これは小田原の整形外科で

坐骨神経痛を診断する傾向が強いのかもしれません。

 


坐骨神経痛は温めて治るのであれば、

歩いたりお風呂に入ればすぐ治るはずです。



しかし、数日、数週間、数ヶ月と長く続く症状は

 

今まで行なってきたことの方向が違うことを意味しています。



アイシングは野球選手も行う治療法の一つですから、

今では当たり前のように行っていることがほとんどです。


もし坐骨神経痛で困っているあなたが

冷やそうと勇気を出して下さるのであれば、

 

私に相談していただくか、前に書いた記事を参考にされてください。



おの整骨院では1人でも多くの坐骨神経痛が改善されることを切に願っております。

 

 

 

 

 

気になる方は下記の腰痛ページをご確認くださいませ♪ 

腰痛治療について

腰痛治療は不定期でキャンペーンを実施しています。
詳しくは腰痛ページをご確認くださいませ♪

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

 

【所在地】

神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2016.09.02更新

小田原から坐骨神経痛の方が来られました

 

こんにちは、おの整骨院の小野いんちょです。

タイトルにありますように

先日、小田原から坐骨神経痛の方が来られました。

 

新聞折込を見てのキッカケだったようです。
色々と話しを聞くと坐骨神経痛の発症から当院に来るまでの経緯はかなり辛い状況だったようです。

 

 


小田原の整形で坐骨神経痛といわれる

事の発端はトラックの積み荷を降ろしていた場面


何気なく少し高さのある荷台から地面に着地した際に「グギッ!」という音を体内で感じてから、崩れ落ちるように倒れてしまったそうです。

普段は問題なく乗り降りしていた高さだったようです。

こういうのが不意の動作というやつですね・・・。

 

その瞬間からの痛みは

想像を絶するほどの激痛

 

涙が出るほどの痛みで、早々に小田原の病院へ担ぎ込まれていきました。

レントゲンやいくつかの検査で出た医師の見解は

「坐骨神経痛」

ちなみに転院した先の整形外科でも同様の見解だったようです。

 

 

 

整形でリハビリをするが坐骨神経痛は変わらず


整形外科や病院では坐骨神経痛の治療法に対しては主に以下の通りです。
 ・注射
 ・湿布
 ・鎮痛薬
 ・リハビリ室でのリハビリ

 

今回、おの整骨院に来られた方は仕事をバリバリこなす現役世代


「早く治して仕事復帰しなきゃならん!」

という意思の下、ブロック注射を何回も打ったようです。

 

ブロック注射は刺す行為も去ることながら、薬液を脊柱内に深く入れていくため猛烈な痛みが伴います。

 

グギッ!とやった瞬間の痛みも激痛ですが、それを改善するための注射の痛みにも耐えて頑張ったようです。

 

しかし、、、

坐骨神経痛発症から数週間

一向に痛みは改善せず、当初の眠れない程の激痛は引きつつあったようですが、仕事復帰は夢のまた夢という状態に落胆していました。

 

 

 

整体や整骨での坐骨神経痛治療とは

その後、整形外科に通いながらマッサージ院や整体院で治療を受け始めました。

そもそも坐骨神経痛とは、坐骨神経という太い神経が走るライン状に猛烈な痛みが現れる症状です。

 

一般的な整体やマッサージでは、梨状筋という筋肉をほぐしたり、温めたりします。

 

今回の方もマッサージ効果で、痛みは少し引いたようですが

歩くことも、横になることも依然として激痛があるのは変わらなかったようです。

 

時にはサポーターを買って試してみたり

時には聞くと評判のサプリメントを飲んでみたり

 

変化なく時間だけが過ぎていきました。

 

 

 

おの整骨院での坐骨神経痛治療とは

これらの経緯を踏み、縁あって当院に来られました。

初診時はあまりの激痛に這うように来られ、その状況に私も驚きましたが・・・。

 

おの整骨院が考える坐骨神経痛の治療において重要なことは3つです。

 

 

骨盤治療

坐骨神経を障害している根本的な原因がどこにあるかをまず突き止めます。

ちなみに筋肉が神経障害を作り出すことは稀であり、今回の坐骨神経痛も梨状筋が関与することはあっても、根本的な原因は他にあります。

 

その1つが「骨盤のゆがみ」です。

 

荷台から着地した際の衝撃は必ず体内のどこかに影響を及ぼしています。

今回、坐骨神経痛を訴えてきた患者さんは骨盤のゆがみが強く、その結果として坐骨神経のライン上に猛烈な痛みが出現しました。

 

着地した衝撃が及んだ骨盤のゆがみ

その状態をまず知ること、そして効果的に対処する術を行使することが正しい治療手順となります。

 

 

 

アイシング

骨盤のゆがみが生じていれば、骨盤という関節内部には炎症が発生します。

おの整骨院ではこの状態に対して、アイシングを行います。

 

詳しくは以下の記事をご参考に。

痛みや炎症があるときはアイシングが効果的!

 

 

 

自宅での養生法

坐骨神経痛の痛みは猛烈なものですが、前述したアイシングを繰り返すことで徐々に症状そのものは鎮静化していきます。

 

問題はその後です。

 

 

自宅で養生せず、床座りや寝てばかりの生活では早い段階での社会復帰は望めません。

 

そのため当院では体操(運動療法)座り方歩き方の指導を行います。

 

始めは軽めに、徐々に出来る範囲を広げていくのが養生指導です。

 

 

 

数日経つ頃には痛みも激減し、1週間半後には仕事復帰できるほどまで回復してきました。

良かった良かった!

 

 

坐骨神経痛は日常生活に大きな支障をきたす症状です。

しかし、決して諦めず原因を排除した上でのアイシングや自宅での養生法が効果的です。

 

今回のように、坐骨神経痛で悩んでいる方が一人でも多く治っていくことを祈ります。

 

 

 

 

おの整骨院 小野

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

坐骨神経痛の治療はおの整骨院まで。

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院