症状お悩みブログ

2015.07.13更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんまで、皆様の健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 


7月に入り学生スポーツが盛んな時期となりました。
3年生は最後の大会となることが多く、スポーツに対する熱の入り方も一層強くなっているように感じます。


さて、そんな状況において非常に多くなっているのがスポーツ障害です。
そのうち最近よく診るのが「シンスプリント」です。
シンスプリントは足のスネ内側に起きる痛み!
シンスプリントとは、足のスネ内側で起きる運動時の痛みです。

主に陸上競技のランナーやサッカー選手に多いとされていますが、おの整骨院に来るシンスプリントは全てサッカー選手でした(苦笑

小田原などフットサルやサッカー競技人口が多いのでその傾向かもしれませんね。

 

 

 


シンスプリントの原因は諸説さまざまですが
シンスプリントを発生させる要因の一つはふくらはぎの筋肉にあります。

ふくらはぎが問題!
シンスプリントの痛みが発生する場所はスネの内側で“点”ではなく、“線”状に少し幅を持って痛みがあります。

これはふくらはぎの筋肉が付着するライン上を指します。

 

筋肉は骨に付くため、なんらかの障害が起きた際には筋肉が付着した場所(骨)を引き剥がすような力が発生します。

これは輪ゴムを壁にくっ付けて引っ張ると解かります。

付着したところや、急激に角度を変えたところに張力(張る力)が加わり、やがて剥がれていきます。

 


つまりシンスプリントは筋肉が骨を引っ張ったことで起きる炎症反応(痛み)ということです。

 

 


繰り返し骨を引っ張ってしまうと、骨の表面にある膜が傷ついて炎症が発生します。
これ繰り返し続いてしまうと時には疲労骨折すら起きることがあります。

 

シンスプリントを放っておいた場合のリスクがそれです。

 

 

 


ではスネの内側が痛い(シンスプリント)状況で求められる初期対応は二つです。

 

①運動量を下げる
これは運動選手にとって死活問題になりますが、過度な運動量が起きる障害の一つですから前提として避けては通れません。

 

単純に運動量を下げるだけではその場しのぎに過ぎませんので、まずは治療に向けた第一歩ですね。

 

 

 


②アイシング
前述したようにシンスプリントは筋肉が骨膜を引っ張ったことで起きる炎症反応の一種です。
そのため炎症を退けることは重要なポイントとなります。

 

炎症とは読んで字の如く「」です。
物理的に熱が発生している状態ですから、冷やすことによって熱を奪う目的は治療における自然の流れといえます。

シンスプリントは骨膜を引っ張った炎症であれば冷やすことで一時的に痛みは和らぎます。

 

炎症が鎮静化するまでは繰り返しアイシングを行う必要がありますが、再び運動量が戻って来ると痛みが再発してしまいますので治療行為(テーピングや体操、その他処置)が求められます。

 

 

アイシング方法については前に記事を書きましたのでそちらをご参考にされて下さい。

痛みや炎症があるときはアイシングが効果的!

当院では『アイシング治療』を行っています。冷やすことに対する一般的な考え方はネガティブなものが多いですが、実践してみて多くの方々の症状が改善されています。本来の目的に沿った正しいアイシング方法を解かりやすく解説していきます。

 

 

 

 

シンスプリントになった方を「初心者病」というレッテルを貼る風潮がありますが当院では断固否定します。

 

シンスプリントは誰にでも起きる障害の一つであり、わずかな「ボタンの掛け違い」で起きたものに過ぎません。
正しい理解のもと、真正面から臨んでいけば決して解決できない問題ではありません。

 

まずは二つのセルフケアから始めて、シンスプリントの悩みを解決していきましょう。

 

 

ちなみにふくらはぎのストレッチやマッサージは治療効果にならない場合が多いので、あまりされないことをオススメします。

 

 

またシンスプリントに関する詳しい内容は下記の症状ページをご参考になさってください。

シンスプリント|小田原・足柄エリアの根本治療で評判のおの整骨院

小田原・足柄で多くの学生を救ったシンスプリント治療。シンスプリントの症状でお困りの方は根本治療で評判のおの整骨院へ

 

 

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

↓↓小野いんちょの人柄がわかるホットな内容で毎日更新中↓↓

小野いんちょブログ

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

シンスプリントの治療はおの整骨院まで。

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

投稿者: おの整骨院

2015.04.19更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんまで、皆様の健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

 

おの整骨院がある足柄上郡大井町には小学校、中学校、高校がたくさんあります。

 

バスケットボール、野球、バレーボール、バドミントンなど

神奈川県西部に位置するこの地域は学生スポーツが盛んだなぁ~という印象です。

 

 

とはいえ小中高生は成長期の学生です。

成長期の未成熟な体に過剰な運動量は時として体に痛みを引き起こします。

 

いわゆる成長痛というものです。

スポーツにケガはつきものです!

成長痛が起きる場所はヒザ、足のスネ、足先、腰骨などさまざまです。

先日までよく来ていた学生さんはヒザの成長痛に悩まされていました。

 

 

成長痛は基本的に「体の動かしすぎ」によるものです。

 

 

治療の基本は運動量を下げることです。

これは学生に限らずスポーツに励んでいる方には酷な話しではありますが、避けては通れないことなので先に申し上げました。

 

 

 

出来るだけ運動量を下げることを前提とした上で、以下の処置を行いましょう。

 ・アイシング
 ・床座り、足組みといった悪い座り姿勢の中止
 ・ストレッチの禁止

 

 

上記3つは必須です。

「ストレッチ禁止」を意外に思う方は多いです。

 

成長痛は肉体の成長に対して過剰な運動量が原因です。

この状況でストレッチのような、筋肉を引き伸ばすような行為は出来るだけ避けることです。

 

筋肉というのは腱となって骨に付着しています。

過剰なストレッチは腱が骨を引き剥がすような力が発生するため、時にはストレッチを行ったことによる障害が発生することがあります。

 

 

 

前述した各種処置を行い、ひとりひとりに合った治療を行っていくことで症状はきっと快方へと向かうはずです。

漠然とした治療では本質的な治癒は出来ません。

 

マッサージやストレッチ、温熱療法といった治療ではなく、前述した各種処置で治していきましょう。

 

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

 

↓↓小野いんちょの人柄がわかるホットな内容で毎日更新中↓↓

小野いんちょブログ

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

成長痛の治療はおの整骨院まで。

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

投稿者: おの整骨院