症状お悩みブログ

2015.02.28更新

巻き爪が痛い!コットンパッキング法は正しい治療法?

こんにちは!

おの整骨院の小野いんちょです。

 

 

最近、おの整骨院のHPを見てご来院される巻き爪の方が多くなってきました。

その中で気になったのが、コットンパッキング法による弊害です。

 おの整骨院の巻き爪治療。コットンパッキング法はNG!

コットンパッキング法はその手軽さから自宅でのセルフケアとしては有名な方法です。

 

巻き爪の患者数が伸びるに従って、数々の対処法は生まれてきました。その代表的なものがコットンパッキング法です。

 

 

コットンパッキング法のメリット&デメリット

 

メリットは2点

・自分自身で出来る
・軽度なら矯正可能

 

コットンパッキング法の最大のメリットは自分自身で出来る応急的な処置だということです。巻き爪角度が浅い軽度であれば、コットンパッキング法でも矯正は可能ですが、本質的な改善には至りません。

 

コットンパッキング法はあくまで応急的な処置に過ぎないのをお忘れなく。

 

 

 

デメリットは3点

・毎日交換が必要
・自分以外がやると痛みを伴う。
・菌が繁殖しやすい

 

 

コットンパッキング法は入浴やシューズ等による足蒸れの問題から毎日コットンを交換する必要があります。

 

ただでさえ足は水虫など白癬菌の温床となりやすい場所ですから、清潔に保つことは必須です。

 

 

さらに自分自身でやる場合なら痛みの一歩手前で上手くコットンを詰められますが、自分以外が行うと痛みも強くなりやすいです。

 

おの整骨院に来た巻き爪で悩む若い方は、とある医療機関で強引なコットンパッキング法をされたようでとても恐怖を感じたようです。

 

恐ろしい話です。

 

 

これらデメリットの多い点、メリットが応急的な処置に過ぎない点からも到底お勧め出来る対応とは言えません。おの整骨院でお配りしている巻き爪克服冊子をご参考頂けるだけでも改善効果は期待できます。

 

そのうちアップしていきますのでお楽しみにー!

 

 

巻き爪に関するページはこちらをご参照ください♪

小田原・足柄で巻き爪ケアができる唯一の整骨院

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

巻き爪の治療はおの整骨院まで。

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院

2015.02.19更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんまで、皆様の健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

巻き爪は爪の形が丸みを帯びていく状態です。

その丸くなっていく爪を矯正し、本来の爪の形へと整えていくことが必要になります。 一般的に知られている矯正法はさまざまです。

 

 

巻き爪の矯正法は大きく分けると

 ①手術
 ②ワイヤー法
 ③プレート法
 ④装着タイプ

 

詳しい部分は省きますが、それぞれの手法について簡単に説明します。

 

 

①手術

手術は最終手段としたいところですが、一年間でも相当数の方が手術をしていると耳にしたことがあります。明確な実数を知り得る手段がないので細かい数字は言えませんけれど。

 

手術は以下の状況下で検討してもいいと思います。

 ・ケガなどによる爪の破損による出血状態
 ・感染による炎症や化膿の発生

特に感染症は厄介でありながら多発します。

傷をした状態で細菌に感染することで起きる感染症ですが、足は大半の時間を靴の中に入れているため蒸れて感染しやすい状況にあります。

 

感染はやはり怖いものです。

 

◆手術のデメリット

麻酔にともなう痛みがあります。また手術後には痛みが一定期間続くことが出ます。

爪が生える根元から切除するため将来的には爪が狭くなる可能性があります。

 

 

 

②ワイヤー法

特殊合金のワイヤーを用いて行う矯正法です。

爪に穴を開けてワイヤーを通すやり方
爪の両端にワイヤーを引っかけるやり方

 

時代の流れと共に流行り廃りはあります。その中でワイヤー法は非常にポピュラーな治療法となり、巻き爪の矯正法としての地位を確立しました。医院や巻き爪治療を行う場所では、手術を除く治療はほぼワイヤー法です。

一定期間、爪の状態を管理する必要はありますが、爪の状態に左右されずに矯正力を発揮します。

 

◆ワイヤー法のデメリット

ワイヤー法は、特に爪に穴を開けるタイプで矯正時に痛みを伴う場合があります。この痛みは爪の状態や治療者の技術によって左右されるため、人によっては無痛の場合もあります。

 

また治療直後からワイヤーによる爪の広がり感(違和感)が強く感じる場合があり、その違和感を解消する方法は難しいです。さらにワイヤーそのものが靴下や衣類に引っかかるリスクがあるため、自宅管理に気を使う必要があります。

 

 

 

③プレート法

おの整骨院でも実践しているプレート法です。

プレート法の最大の特徴は切らない、痛くない治療法という点です。“削る”ことで爪の長さや形状、表面の汚れを取り除くことが出来ます。また治療から24時間後にはマニキュアをすることもOKです。

 

 

薄い爪、陥入爪、重度の巻き爪でも矯正が可能です。

プレート装着直後に痛みが減りますが、プレート装着による違和感がある場合はプレートそのものを削るなどして調整が可能となります。

 

◆プレート法のデメリット

ワイヤー法と同様に自宅での管理が必要となります。
プレートを貼っている状態は見た目の良さからマニキュアを厚く塗る方がいますが、プレートの張力が相殺されてしまうので塗り加減には注意が必要です。

 

 

 

④装着タイプ

料金が安くて、手軽にできるものが多いです。

特にサポータータイプやテーピングタイプは初心者でも安心して利用できるものばかりです。

 

◆装着タイプのデメリット

残念ながら治ることはありません。

①~③のような治療とは異なり、爪の一時的な矯正に過ぎません。さらに誇大広告の商品も多く、紹介ページと同様に爪が矯正されていく人は少数派といえます。

「安かろう、悪かろう」の商品が多いので選ぶ際はご注意ください。

 

 

 

おの整骨院 小野

 

お困りの際はお気軽にご相談ください。
〒258-0019
神奈川県足柄上郡大井町金子1137
0465-44-4664

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: おの整骨院