症状お悩みブログ

2015.01.29更新

こんにちは!小田原、足柄エリアで、スポーツを楽しむ方から妊婦さんの健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

巻き爪の原因シリーズ
いよいよ終盤となってきました!

 

①深爪

原因は爪の切り方にあり

爪は深く切りすぎることで、爪が伸びていく過程で変形して巻いていきます。もちろんある程度は切る必要があります。しかし切り方として問題になるのは、“爪の角を落としすぎる”点にあります。正しい爪の切り方については『スクエアオフ』が理想形となります。

 

②使用する履き物の問題

痛みの原因は履き物にあり!

先の細いヒールや硬い革靴は足の指を上手に使うことができなくなります。それどころか内部では圧迫を強いることになり、外反母趾や偏平足といった足そのものの問題を引き起こす可能性があります。

職業内容にもよりますが、履き物については可能な限り考慮する必要があります。
 ・足にフィットすること
 ・指を動かせるだけの余裕があること
 ・インソールなど足のアーチを機能させる

 

③爪に負担を強いるスポーツ

痛みの原因はスポーツ内容にあり 

ついつい「健康=スポーツ」 と思いがちですが、過度なスポーツや競技内容によっては体に負担を掛けることになります。そもそもスポーツは体に負担を強いるものですから、巻き爪も含めてある程度は仕方ない部分はあります。巻き爪が起きた原因か否かをもう一度スポーツ内容を精査しましょう。

 

 

 

さて、①~③の原因でも大部分を網羅できますが、さらに考えられる原因があります。

④歩行不足

現代において人は“歩く”ことそのものの時間と量が減っています。
歩行とスポーツは根本的に異なり、歩行なくして今の体は作られません。逆にいえば十分な歩行量が得られている体はバランスが整い、巻き爪をはじめとした足のトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

歩行において重要なのは
 ・歩く場所
 ・歩き方
 ・歩くときの格好やクツ
 ・歩く時間

これらのポイントを踏まえて歩くと体の調子は整っていきます。これはスポーツ愛好家においても、アスリートにおいても同じことが言えます。生命の根源に関わる『歩行』をすることで、体のバランスを修復していきましょう。

 

 

⑤爪水虫

爪水虫は白癬(はくせん)菌と呼ばれる菌が感染したことによって起きます。これは足の水虫が発症したときの白癬菌が爪に入り込み、そこで感染した状態です。

爪水虫となった爪は
 ・爪が白く
 ・爪表面がデコボコと変形
 ・爪が厚くなる
 ・爪がボロボロになる

これら爪に関わる変形は白癬菌が感染している場合が多く、まずはその爪水虫を先に治す必要があります。爪水虫はその特性から治るまでに非常に日数が掛かります。しかしながら爪水虫があるうちは当院のプレート治療も含めて、巻き爪治療そのものが出来ません。皮膚科にいけばすぐ治療が始められますからまずは皮膚科への受診をお勧め致します。

 

巻き爪の生じる原因については以上となりますが、まだ原因が判明していないものでもあります。さらに原因と考えられるものがあれば改めて配信して参ります。

巻き爪に悩まされない日が来ることを祈り、今日もまた診療に励んで参ります!

 

 

おの整骨院 小野

〒258-0019
神奈川県足柄上郡大井町金子1137

 

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
 主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: おの整骨院

2015.01.27更新

こんにちは!小田原、足柄エリアで、スポーツを楽しむ方から妊婦さんの健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

巻き爪の原因シリーズ第三弾

②爪に負担を強いるスポーツ

突然ですが、巻き爪の原因と聞いて連想するものってありますか?
よく言われるのはヒールやパンプスといった先の細い靴を履く方を連想しやすく、それは外反母趾に通じるものがあります。

 

しかしながら、診療を進めていくと意外とスポーツ選手に巻き爪が多いのです。
特に若い子には多く巻き爪が見受けられますね。

 巻き爪の原因に挙げられるのがスポーツ!

巻き爪による痛みを訴えずとも、実際に足の爪が巻き爪となっている主な競技は

バスケットボール

バレーボール

サッカー

バドミントン

テニス

卓球

格闘技

などが挙げられます。
関連性は室内競技なのか?それとも瞬発力を必要とする競技なのか?

正直なところ、巻き爪が発症する競技特性は中々見い出せていませんが、逆に言えば競技特性はないのかもしれませんね。
サッカーや格闘技のように指先に直接的な衝撃が加わるスポーツでは爪が割れたり変形することもありますので、必然で起こるものではないようです。

 

スポーツというのは元来、足先に至るまで力強い活動が必要となります。

 

地面を噛むように指先に力が入り、その発生したエネルギーを十分に伝えようとして爪の形状そのものが丸みを帯びていくのではないかと思います。巻き爪を理由に競技を変えることは不可能かと思いますので、インソールの変更やテーピング処方で対応したり、プレートを用いた巻き爪治療を行うことがパフォーマンスを維持する上で必要不可欠かと思います。

 

自分から見て、自分の足というのは意外と巻き爪とは感じないものです。
巻き始めている程度の軽度であれば、早々の処置を施す事が一番大切となります。

 

おの整骨院 小野

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
 主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: おの整骨院

2015.01.24更新

こんにちは!小田原、足柄エリアで、スポーツを楽しむ方から妊婦さんの健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 

前回、巻き爪による痛みの原因について記事を書かせて頂きました。
意外と深爪にする方は多くて、私も巻き爪の勉強を進めていく前はよく深爪にしていたのを思い出します。
だって巻き爪になりたくなったんですから(苦笑)

よく思うのですが、「そうなりたくない」と思って行動するほど案外「そうなっていく」ものなんだと思います。
引き寄せの法則的な感じでしょうかね。

 

 

さて、話を巻き爪の原因に戻しますehe

巻き爪による痛みの原因には深爪を挙げましたが、他にもいくつかの要素が考えられます。

①使用する履き物の問題
②爪に負担を強いるスポーツ
③歩行不足
④爪水虫


これに深爪を加えて五種類に大別されます。
順を追って解説していきますね。

 

①使用する履き物の問題

大きく“靴”といっても様々な形状、重量、用途がありますが、特に重要視されるのが“先端の細い”履き物です。 

巻き爪による痛みの原因は、先の細い靴やカカトの高い靴が考えられます。

先端が細いことは爪や足の指が両サイドから圧迫を受けることになります。これだけで巻き爪をより巻き込ませるだけでなく、痛みそのものを引き起こす恐れがあります。巻き爪が体の中心側で発生しやすいのは、履物による圧迫がなされているからだと云われています。

 

さらに写真のように
カカトが高い靴にも痛みの原因が潜んでいます。

 

カカトが高い靴を履いた場合、靴の中で足が前方へと流れていきます。さらに歩き方や姿勢そのものが崩れた状態になりやすく、放っておけば背中の痛み、首の痛みにも発展していきます。

 

そしてもっと大きな問題点として挙げられるのが、「足の指」が使いにくい履物だということです。

これはビジネスシューズにおいても同じことが言えますね。
ヒールやビジネスシューズといったものの多くは、歩行時に指を使った歩き方が出来づらくなるため偏平足外反母趾といった足の変形を起こしやすくなります。

ちなみに偏平足や外反母趾の巻き爪率は非常に密接な関係がありますのでご注意ください。

 

 

巻き爪の痛みがあったとしても、なかったとしても
早々にシューズなど、足にとって扱いやすい履物をお選び頂くことで、症状の進行を妨げることが可能です。
ヒールは体全体のバランスにも影響を及ぼすものですから、ここぞ!という場面でない限りはお控え頂いた方がいいでしょう。

 

まずは足下から見直していきましょう。

 

おの整骨院 小野

 

*おの整骨院のFacebookページ。イイネ!を押すと飛んで喜びます。
https://www.facebook.com/onoseikotu

 

*おの整骨院の受付スタッフによる受付目線でのTwitter!
 主に小田原、足柄エリアの地元情報も上げていきます。
https://twitter.com/onoseikotu

 

*エキテンも賑やかに掲載中!目指せ足柄No.1
http://www.ekiten.jp/shop_6773442/  

 

投稿者: おの整骨院

2015.01.21更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんの健康をサポートする、おの整骨院の小野です!

 

本日はガッツリ雨になってしまいましたね。
朝の足柄平野はどんより曇り空でしたが、お昼ごろから本降りです。
外出される際にはくれぐれもお気をつけください。

 

 

さて、本日は『巻き爪治療』についてです。
巻き爪治療には古くから「ワイヤー」を使用するものがあります。
ある程度伸びてきた爪に穴を開けて、上からワイヤーを通して止める方法です。この方法には利点と欠点があり、爪の栄養状態によっては出血や爪そのものが割れる可能性もあるため治療前の状態確認が大切です。

当院の巻き爪治療ではワイヤーを使わない「プレート治療」を採り入れ、患者さんにとって負担の少ない治療を行っています。
今まで何人かの巻き爪を治療しましたが、その間に寝ている人ばかりで少々驚きますね(笑)

難易度の高い治療法ですが患者さんにとって最良の治療法を提案していきたいと思います。 

 

 

従来の巻き爪治療法

医療機関においては一般的な巻き爪治療が「ワイヤー治療」です。
(手術や注射等はこの項では排除します)

従来の巻き爪治療はワイヤー矯正でした。出血や痛みで大変だったでしょう。。。

 

しかしながらワイヤー治療にはいくつかの欠点があります。
 ①治療過程で痛みを伴う
 ②爪が薄く、強度が落ちている方は割れる可能性がある
 ③爪を一定の長さ以上に必要とする

一般的なVHO式、マチワイヤー式など形状記憶ワイヤーを用いた治療法は名を変え、品を変え様々です。把握するのが大変なので「ワイヤー治療」とざっくりと捉えています。

欠点の部分が日常生活に及ぼす影響が大きく、当然ながらシューズは大きいものを選び、ネイルをすることは出来ません。


また治療過程で出血や痛みが起きるため、感染リスクもあります。

 

 

 

おの整骨院で行う巻き爪治療

当院ではプレートを用いた治療で、巻いている爪を矯正していきます。

この際に貼るプレートは形状記憶のもので
緩やかに巻き込んだ爪をリフトします。


ワイヤー治療と最も違う点は爪そのものに穴を開けることがないところです。
爪の表面をうっすら削る程度で済むため、治療中は何をされているか解からないと思います。

またシューズ選びやネイルに関する注意する点はありますがワイヤー治療ほどの制限はありません。

 

 

欠点があるとすれば、爪を貫通させるほどの影響を与えていないためプレートが剥がれる可能性があります。

体に優しいが故の欠点ではありますが、十分なネイルケアーをする事で対応可能です。
(治療過程で早期剥離が起きた場合はサポート体制を敷いておりますのでご安心ください)

 

 

 

ちなみにワイヤー治療が100%悪い治療だとは一言も申し上げておりません。
当院のプレート治療はワイヤー治療の欠点を補いつつ、患者さんに負担が少ない方法だと確信しているからこそ自信を持ってお勧めします。
特に女性にとって爪の健康状態は美容面において、精神面において大きな影響を与えます。

当院の治療が巻き爪でお悩みの方のお力になれればと思います。 

 

 

 

 

おの整骨院 小野

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137
℡:0465-44-4664

 

 

巻き爪、陥入爪の痛みはおの整骨院まで。
 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院

2015.01.16更新

こんにちは!

平塚からも多くの巻き爪患者さんが来る

おの整骨院の小野いんちょです。

 

 

今日はとっても暖かい一日でした!
例年ですと3月の陽気だそうで、これぐらいポカポカと暖かくて風がない日は気持ちがいいですね。

 

 

さて、おの整骨院では

『巻き爪』の治療をしております。

 

 

え、整骨院なのに爪の治療?

と思われる方も多いです。

 

 

そもそも巻き爪が痛くて悩んでいる方というのは、腰痛や肩こりのように大多数ではありません。
どちらかといえば少数派といえますね。

 

それに整骨院だと筋肉や関節といった治療がメインだと捉える向きもありますが、院の先生方によって得意な治療であればアレルギー治療や経絡治療などさまざまです。

 

話を巻き爪治療に戻します。
症状にもよりますが
巻き爪を起こした状態で、痛みが出る方痛みが出ない方がいます。

 

 

この違いは爪が伸びていく過程にあります。
巻き爪の原因で最も多いのが「深爪」です。


特に爪の四隅を深く切るのは要注意です。

切った際に爪の端っこがトゲのようなものを形成し、伸びていく過程で皮ふを傷つけていきます。
最初は深爪をする程度で済んでいるものでも、繰り返し深爪を行うとやがては巻き爪へと進行していきます。

切り方こそが巻き爪予防の最善策となるわけですね。

 

おの整骨院では院内に巻き爪ケアセンターを併設し、巻き爪治療と予防について指導しています。

正しい巻き爪予防を講じて、早々に原因を排除することがやがては歩行痛や足腰の症状を防ぎます。

 

まずは切り方から注意しましょう~!

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

巻き爪治療はおの整骨院まで。
交通事故治療(自賠責)、労災など各種保険対応しております。

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院