症状お悩みブログ

2018.06.09更新

【足柄上郡】高校生でヘルニアになった時の正しい対処法と選手への配慮

こんにちは!

小野いんちょです。

 

おの整骨院がある足柄上郡にはいくつかの高校があります。公立私立を問わず、多くの学生が部活に励んでいます。こんな学生の姿を応援できるのも整骨院の醍醐味かもしれませんね。

最近、当院に来ていた患者さん(Yさん)は、そんな高校生活を部活に励んでいるなかでヘルニア症状で悩むことになってしまいました。

(学生の腰痛症は多いんですよねぇ)

 今回はYさんのような高校生でヘルニア症状に苦しんでいる方やその予備軍になっている方へブログを書いていきたいと思います。

 

 

1.オノセイに来る学生ヘルニアの数

当院に来る高校生のヘルニア患者さんのデータを集計し、おおよその統計を取ってみると興味深いデータが取れました。

サッカー部
バドミントン部
テニス部
この上記順番でヘルニアやそれに関連した腰痛症状を訴える方が来ていました。あくまで印象ですが、野球の方が多いいだろうなぁ~と思っていましたが・・・実際には他の競技の方が多かったので驚きました。

これは恐らく体のひねり動作が多い競技で、特に下半身を陸上と固定して捻る力が背骨にかかっているのだと思います。

足柄上郡には硬球のテニス部やゴルフ部が少ないため、上記3競技には入りませんでしたが、この硬球テニス部もゴルフ部もなかなか腰に負担のかかる運動です。

 

これが大学生の場合だと、高校時代のヘルニアを経験している既往歴が関連して再発という方が多いですね。
そのため高校生がヘルニア症状で来ると、ヘルニアを根本改善することの重要性について説明することになります。最近の傾向としては、20代前半での再発リスクが高く感じますからね。

 

 

2.社会人と学生のヘルニアの違い

年齢が違っても、痛みの感じ方に大きな違いはありません。それよりも、その方の環境や立場に懸念する材料があります。

 

極論を言えば、大人の場合は数日間から数週間は仕事を休むなど養生に励むことができます。場合によって労災や病院に掛け込む方もいるでしょう。
(もちろん簡単に休むことが出来ないとは思いますが・・・。)

しかし学生の場合は、部活という厳しいコミュニティの中で極力休むことは避けたいと思い、少々の痛みを我慢して、無理をしてこじらせることが非常に多いです。

社会人のように「今日は早上がりをする」「毎週何曜日に腰の治療を受けに行く」といった時間調整がしづらく、場の空気感に合わせる方もまた多いです。

20~30年前の根性論全盛の時代と比べれば遥かに通院しやすく、透明性の高い時代にはなってきていますが、学生の運動部という部内のコミュニティは言葉にはし難い独特の空気感があります。

 

これがスタメン争いや公式戦といったオンシーズンとなれば余計に精神的な追い込みが強くなります。学生と社会人のヘルニア症状の違いは、成長期という肉体的(ハード面)な違い以上に、置かれている環境という精神的(ソフト面)な違いが大きいと私は思います。

 

 

3.学生のヘルニアも初期対応が大切

今回通院していたYさんは、ヘルニアの強い痛みが出始めていたところでした。なので、まずは初期対応をきっちりと間違えないように指導をしました。

 

3-1.湿布を貼らない

痛みの強い時は患部で炎症が起きています。捻挫や打撲は腫れ上がるのでイメージしやすいですが、実はヘルニアや腰痛症においても同じ事が言えます。

まずは患部の炎症を取り除く必要が、一般的に病院では消炎鎮痛剤のお薬や薬効成分が塗ってある湿布などが処方されます。

色々なやり方で炎症を取り除こうとしますが、最も良い方法はアイシングです。

アイシングは氷水を使い、氷のうを用いて患部を冷やす治療法となります。この寒い時期にはいささか苦労しますが、室内を温かくしてやれれば症状が鎮静していきます。

非常におすすめです。

 

3-2.ストレッチをしない

ヘルニアは神経を圧迫していることで痛みや痺れが出ていると言われています。
そのため当たり前のようにストレッチがなされていますが、そもそも神経は圧迫よりも引き伸ばすストレッチの方がダメージを負います。

そのため、初期段階の痛みが弱い時期に強いストレッチをやると事態が悪化することがあり、ある程度の改善が診られるまではストレッチを控えて体操に励むことが効果的ですね。

 

3-3.運動量の調整

スポーツをしている学生に「運動をするな!」というのは非常につらい宣告です。。

しかし、後々痛みが強くなってしまうと最終的に全く運動ができない期間を作ることになります。

初期段階で運動量をセーブして、体に加わるダメージを減らしつつ症状を改善していくのが最もチームに、そして自分自身にも最小限の負担で済みます。

全くやるな!というわけではないので、体の状態・チームの状況・試合やスケジュールとの兼ね合いを見計らいながら、上手くリハビリのプログラムを作成していくことが大切です。

 

 

4.まとめ

今回はヘルニアで苦しんでいたYさんやヘルニア予備軍の方に向けて書きました。

これは高校生に限らず、部活に所属すると部活を中心に人生が回っているように錯覚することがあります。それだけ人生をかけるような強い気持ちを持って運動しているんだと思います。

そういう気持ちをもっておくことも大切だと私は思います。

しかし体は1つしかありません。
体を大切にしながら、パフォーマンスを維持し、怪我やヘルニアといった大きな問題が起きた際にはちゃんとリハビリのプログラムを進めることも大切な仕事です。

 

ヘルニアは手術をする症例も確かにありますがそれは全体の数パーセント程度。

 

学生にとって部活に全力を注げる時期を100%の力で駆け抜けられるよう、まずは初期対応から大切にこなしていきましょう。

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2018.06.08更新

ヘルニア治療で骨盤を診る!根本改善に必要な3つの理由

こんにちは!

小野いんちょです。

 

おの整骨院ではヘルニア治療の際に骨盤の状態を確認します。

 

これは背骨の問題で起きているヘルニアを無視しているわけではなく、ヘルニアの症状が骨盤を中心に様々な影響があって起きているからです。

 

腰が痛いなら腰だけ、太ももが痛いなら太ももだけ。というように、問題がある一箇所だけを診ればいいというわけでは応急処置に過ぎないと私は思っています。

そのため根本的な問題がどこからあるのかを、一つでも見落とさないように診ていきます。

 そこで今回はヘルニア治療において骨盤を診る意味を簡単に解説していきます!

 

1.背骨の特性

まず骨盤を診る前に背骨の構成を見ておきましょう。

 

背骨は上の骨と下の骨、これが互いに連結し合いあいだには椎間板という弾力性のある軟骨が挟まれています。
この軟骨にはクッション性のある働きとしての意味だけでなく、体を捻ったり過剰な動きをした際にブレーキをかける役割もあります。

背骨には体を起こしたり曲げたりひねったりといった大きな動きをする働きもありますが、正確には上半身の動きをスムーズに連動していく意味があります。

 

この「連動」という意味がとても大切です。

 

1つ1つが別個に動くのではなく、1つ1つが互いに干渉し滑らかな動きを作り出すのが背骨に求められている動きです。

そのため体を曲げる起こすという動作も背骨1つ1つが連動し滑らかに動かなくては到底なし得るものではありません。

ですから当院では背骨をまるで鞭が動くように滑らかな動きができるように治療していきます。

 

 

2.骨盤と背骨の関係性

では骨盤と背骨の関係性はどうでしょうか

背骨と骨盤では骨の形機能が全く別物であり、先に述べた連動する働きも単純なものでは成し得ません。

つまり背骨を滑らかに動かすには、より中枢に近い骨盤の動きが滑らかでなくては負担が背骨にかかってしまいます。野球やサッカーなどスポーツを経験した人ならわかると思いますが、下半身と上半身は連動して動かなくては運動は成り立ちません。

 

この下半身から上半身へと上がっていくスパイラル運動を行う際に、下半身の筋肉や上半身の筋肉をうまく連動する骨盤や背骨の滑らかさが必須になります。

骨盤は下半身からのエネルギーを背骨に伝えていくベクトル変換点としても重要な役割を持っています。

ちょっと小難しいカタカナが出ましたが、要は体を動かすのに骨盤とその周辺の関節群は連動することが必須だということです。

 

3.骨盤は全ての動きの起点となる

骨盤は大切だと言い続けている理由の一つは、全ての起点が骨盤にあるからです。

例えば歩くとき、膝を上げてカカトから接地し体重を乗せて次の足に映る。この一見すると簡単な歩行動作すらも、骨盤を中心とした股・膝・足首といった各関節が連動して動き始めます。

この動きの始まりは、脳からの「動け!」という指令ではなく骨盤の前へ前へと動く本能的な働きにあります。
1つ1つが無駄なく形が作られていて、骨盤は上手に歩く力を作りその影響を背骨に伝えていきます。この周りに影響していく力の発生源が骨盤から始まり、生まれたエネルギーのベクトル変換器でもあるわけです。

 

などなど。小難しいことも言いましたが、骨盤は滑らかに動くために精巧なつくりとしてできています。少しでも問題が生じれば、途端に色々な不具合を出すものです。それがヘルニアほどの症状となれば相当に強い問題があるはずだと私たちは診ています。

 

 

4.まとめ

あえて一言で言えば「原因と結果は違うところにある」ということです。

 

おの整骨院にはヘルニア症状で困っている方が非常にたくさん来られます。

ほとんどの方が整形外科でヘルニアと診断されてくるわけですが、ヘルニアというのはあくまで結果として起きているものだと思っています。

もっと簡単に言えばヘルニアが起きたからといって、痛みがイコールで繋がるものでは無いということです。ヘルニアがあっても痛みのない方、痛みがあってもヘルニアの無い方はいくらでもいます。

 

レントゲン上に写る【ヘルニア】という結果を、ヘルニアが原因だから痛いんだと置き換えるのはあまりに早計です。

 

ヘルニアが起きたという結果に対しての原因を探る治療ことが、私たちは骨盤を診ることであり、全体像を知るうえで大切なことだと思っています。

 

やや難しい話もありますが、大切なのは全体像を診ようとすることですね。

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院