症状お悩みブログ

2018.06.09更新

【足柄上郡】高校生でヘルニアになった時の正しい対処法と選手への配慮

こんにちは!

小野いんちょです。

 

おの整骨院がある足柄上郡にはいくつかの高校があります。公立私立を問わず、多くの学生が部活に励んでいます。こんな学生の姿を応援できるのも整骨院の醍醐味かもしれませんね。

最近、当院に来ていた患者さん(Yさん)は、そんな高校生活を部活に励んでいるなかでヘルニア症状で悩むことになってしまいました。

(学生の腰痛症は多いんですよねぇ)

 今回はYさんのような高校生でヘルニア症状に苦しんでいる方やその予備軍になっている方へブログを書いていきたいと思います。

 

 

1.オノセイに来る学生ヘルニアの数

当院に来る高校生のヘルニア患者さんのデータを集計し、おおよその統計を取ってみると興味深いデータが取れました。

サッカー部
バドミントン部
テニス部
この上記順番でヘルニアやそれに関連した腰痛症状を訴える方が来ていました。あくまで印象ですが、野球の方が多いいだろうなぁ~と思っていましたが・・・実際には他の競技の方が多かったので驚きました。

これは恐らく体のひねり動作が多い競技で、特に下半身を陸上と固定して捻る力が背骨にかかっているのだと思います。

足柄上郡には硬球のテニス部やゴルフ部が少ないため、上記3競技には入りませんでしたが、この硬球テニス部もゴルフ部もなかなか腰に負担のかかる運動です。

 

これが大学生の場合だと、高校時代のヘルニアを経験している既往歴が関連して再発という方が多いですね。
そのため高校生がヘルニア症状で来ると、ヘルニアを根本改善することの重要性について説明することになります。最近の傾向としては、20代前半での再発リスクが高く感じますからね。

 

 

2.社会人と学生のヘルニアの違い

年齢が違っても、痛みの感じ方に大きな違いはありません。それよりも、その方の環境や立場に懸念する材料があります。

 

極論を言えば、大人の場合は数日間から数週間は仕事を休むなど養生に励むことができます。場合によって労災や病院に掛け込む方もいるでしょう。
(もちろん簡単に休むことが出来ないとは思いますが・・・。)

しかし学生の場合は、部活という厳しいコミュニティの中で極力休むことは避けたいと思い、少々の痛みを我慢して、無理をしてこじらせることが非常に多いです。

社会人のように「今日は早上がりをする」「毎週何曜日に腰の治療を受けに行く」といった時間調整がしづらく、場の空気感に合わせる方もまた多いです。

20~30年前の根性論全盛の時代と比べれば遥かに通院しやすく、透明性の高い時代にはなってきていますが、学生の運動部という部内のコミュニティは言葉にはし難い独特の空気感があります。

 

これがスタメン争いや公式戦といったオンシーズンとなれば余計に精神的な追い込みが強くなります。学生と社会人のヘルニア症状の違いは、成長期という肉体的(ハード面)な違い以上に、置かれている環境という精神的(ソフト面)な違いが大きいと私は思います。

 

 

3.学生のヘルニアも初期対応が大切

今回通院していたYさんは、ヘルニアの強い痛みが出始めていたところでした。なので、まずは初期対応をきっちりと間違えないように指導をしました。

 

3-1.湿布を貼らない

痛みの強い時は患部で炎症が起きています。捻挫や打撲は腫れ上がるのでイメージしやすいですが、実はヘルニアや腰痛症においても同じ事が言えます。

まずは患部の炎症を取り除く必要が、一般的に病院では消炎鎮痛剤のお薬や薬効成分が塗ってある湿布などが処方されます。

色々なやり方で炎症を取り除こうとしますが、最も良い方法はアイシングです。

アイシングは氷水を使い、氷のうを用いて患部を冷やす治療法となります。この寒い時期にはいささか苦労しますが、室内を温かくしてやれれば症状が鎮静していきます。

非常におすすめです。

 

3-2.ストレッチをしない

ヘルニアは神経を圧迫していることで痛みや痺れが出ていると言われています。
そのため当たり前のようにストレッチがなされていますが、そもそも神経は圧迫よりも引き伸ばすストレッチの方がダメージを負います。

そのため、初期段階の痛みが弱い時期に強いストレッチをやると事態が悪化することがあり、ある程度の改善が診られるまではストレッチを控えて体操に励むことが効果的ですね。

 

3-3.運動量の調整

スポーツをしている学生に「運動をするな!」というのは非常につらい宣告です。。

しかし、後々痛みが強くなってしまうと最終的に全く運動ができない期間を作ることになります。

初期段階で運動量をセーブして、体に加わるダメージを減らしつつ症状を改善していくのが最もチームに、そして自分自身にも最小限の負担で済みます。

全くやるな!というわけではないので、体の状態・チームの状況・試合やスケジュールとの兼ね合いを見計らいながら、上手くリハビリのプログラムを作成していくことが大切です。

 

 

4.まとめ

今回はヘルニアで苦しんでいたYさんやヘルニア予備軍の方に向けて書きました。

これは高校生に限らず、部活に所属すると部活を中心に人生が回っているように錯覚することがあります。それだけ人生をかけるような強い気持ちを持って運動しているんだと思います。

そういう気持ちをもっておくことも大切だと私は思います。

しかし体は1つしかありません。
体を大切にしながら、パフォーマンスを維持し、怪我やヘルニアといった大きな問題が起きた際にはちゃんとリハビリのプログラムを進めることも大切な仕事です。

 

ヘルニアは手術をする症例も確かにありますがそれは全体の数パーセント程度。

 

学生にとって部活に全力を注げる時期を100%の力で駆け抜けられるよう、まずは初期対応から大切にこなしていきましょう。

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2018.06.08更新

ヘルニア治療で骨盤を診る!根本改善に必要な3つの理由

こんにちは!

小野いんちょです。

 

おの整骨院ではヘルニア治療の際に骨盤の状態を確認します。

 

これは背骨の問題で起きているヘルニアを無視しているわけではなく、ヘルニアの症状が骨盤を中心に様々な影響があって起きているからです。

 

腰が痛いなら腰だけ、太ももが痛いなら太ももだけ。というように、問題がある一箇所だけを診ればいいというわけでは応急処置に過ぎないと私は思っています。

そのため根本的な問題がどこからあるのかを、一つでも見落とさないように診ていきます。

 そこで今回はヘルニア治療において骨盤を診る意味を簡単に解説していきます!

 

1.背骨の特性

まず骨盤を診る前に背骨の構成を見ておきましょう。

 

背骨は上の骨と下の骨、これが互いに連結し合いあいだには椎間板という弾力性のある軟骨が挟まれています。
この軟骨にはクッション性のある働きとしての意味だけでなく、体を捻ったり過剰な動きをした際にブレーキをかける役割もあります。

背骨には体を起こしたり曲げたりひねったりといった大きな動きをする働きもありますが、正確には上半身の動きをスムーズに連動していく意味があります。

 

この「連動」という意味がとても大切です。

 

1つ1つが別個に動くのではなく、1つ1つが互いに干渉し滑らかな動きを作り出すのが背骨に求められている動きです。

そのため体を曲げる起こすという動作も背骨1つ1つが連動し滑らかに動かなくては到底なし得るものではありません。

ですから当院では背骨をまるで鞭が動くように滑らかな動きができるように治療していきます。

 

 

2.骨盤と背骨の関係性

では骨盤と背骨の関係性はどうでしょうか

背骨と骨盤では骨の形機能が全く別物であり、先に述べた連動する働きも単純なものでは成し得ません。

つまり背骨を滑らかに動かすには、より中枢に近い骨盤の動きが滑らかでなくては負担が背骨にかかってしまいます。野球やサッカーなどスポーツを経験した人ならわかると思いますが、下半身と上半身は連動して動かなくては運動は成り立ちません。

 

この下半身から上半身へと上がっていくスパイラル運動を行う際に、下半身の筋肉や上半身の筋肉をうまく連動する骨盤や背骨の滑らかさが必須になります。

骨盤は下半身からのエネルギーを背骨に伝えていくベクトル変換点としても重要な役割を持っています。

ちょっと小難しいカタカナが出ましたが、要は体を動かすのに骨盤とその周辺の関節群は連動することが必須だということです。

 

3.骨盤は全ての動きの起点となる

骨盤は大切だと言い続けている理由の一つは、全ての起点が骨盤にあるからです。

例えば歩くとき、膝を上げてカカトから接地し体重を乗せて次の足に映る。この一見すると簡単な歩行動作すらも、骨盤を中心とした股・膝・足首といった各関節が連動して動き始めます。

この動きの始まりは、脳からの「動け!」という指令ではなく骨盤の前へ前へと動く本能的な働きにあります。
1つ1つが無駄なく形が作られていて、骨盤は上手に歩く力を作りその影響を背骨に伝えていきます。この周りに影響していく力の発生源が骨盤から始まり、生まれたエネルギーのベクトル変換器でもあるわけです。

 

などなど。小難しいことも言いましたが、骨盤は滑らかに動くために精巧なつくりとしてできています。少しでも問題が生じれば、途端に色々な不具合を出すものです。それがヘルニアほどの症状となれば相当に強い問題があるはずだと私たちは診ています。

 

 

4.まとめ

あえて一言で言えば「原因と結果は違うところにある」ということです。

 

おの整骨院にはヘルニア症状で困っている方が非常にたくさん来られます。

ほとんどの方が整形外科でヘルニアと診断されてくるわけですが、ヘルニアというのはあくまで結果として起きているものだと思っています。

もっと簡単に言えばヘルニアが起きたからといって、痛みがイコールで繋がるものでは無いということです。ヘルニアがあっても痛みのない方、痛みがあってもヘルニアの無い方はいくらでもいます。

 

レントゲン上に写る【ヘルニア】という結果を、ヘルニアが原因だから痛いんだと置き換えるのはあまりに早計です。

 

ヘルニアが起きたという結果に対しての原因を探る治療ことが、私たちは骨盤を診ることであり、全体像を知るうえで大切なことだと思っています。

 

やや難しい話もありますが、大切なのは全体像を診ようとすることですね。

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2016.09.09更新

小田原からヘルニアで苦しんでいる女性が来ました!

こんにちは、

おの整骨院の小野いんちょです。

 

先日、小田原の某テニスサークルに所属する女性が腰痛で来院されました。

テニス選手

(画像はイメージです。)

 

聞くところによると整形外科では 腰椎椎間板ヘルニア と診断されたことがあるそうです。

 

それからは長年の腰痛に大変苦労され、再び整形外科に行けば同様にヘルニアの診断を受けてきたようです。

最近ではヘルニアによる腰痛が悪化してしまい、大好きなテニスをすることも難しくなってしまいました。 いよいよ整形外科での治療が難しいと感じ、おの整骨院に来られました。

  • 何故ヘルニアになったのか、
  • 何故これ程の腰痛になったのか
  • 何故、私だけ腰痛になってしまったのか

こういった“そもそもの問題点”について話し合いながら治療を進めました。

 

聞いてみると、どうやら同じテニスサークルにも、同じようなヘルニア症状でお悩みの方は多いようです。
ヘルニアは一定数いますが、こういったそもそもの問題点を踏まえた治療を受けられる方は少ないのかもしれませんね。    

 

 

1.テニス選手にはヘルニアが多い?

テニスはそのスポーツ特性上、捻りの多い競技と言えます。

 

特にフォアハンドは腰から切り返して強い打球を放つ必要があるため、過度に捻りを加えて運動が腰を壊すことがあります。

 

ヘルニアとは、椎間板というクッション性の高い軟骨線維が損傷して炎症した姿です。

 

椎間板というクッションは上下に加わる荷重に対しては強い安定度を保ちますが、捻りや回転といった捻転力に対しては著しく弱さを露呈します。

それは構造上、“捻り運動”は他の器官に任せているからです。

 

またストレッチのような牽引力、引っ張る力に対しても同様です。
これは野球やゴルフのスイングでもそうですが、捻り運動は体の内部で反転する力が起きるために、どうしてもヘルニア障害を起こすことがあります。

競技人口の増加は同時にヘルニア障害の増加にも繋がってくるのです。    

 

 

2.おの整骨院には多くのテニス選手も通っています

今回、小田原から来られた女性のテニスプレーヤーは 20年以上テニスをやっている大ベテラン選手でした!

 

整形外科や病院でヘルニアと診断されても不屈の闘志をもって続けたわけですから、根性も並大抵のものではありませんね。

 

おの整骨院がある足柄上郡には多くのテニスコートがあり、すぐお隣りの小田原市にも東西含め沢山のテニスコートが存在します。

プロやセミプロ選手もいるようですから盛んな地域なのかもしれませんね。当院にはそんなテニス選手が多数来られております。 学生の軟式から、大人の硬式テニスプレーヤーまで様々ですね。    

 

 

3.小田原でヘルニアを根本改善させるには

今回、ヘルニアで苦しんでいる方にも言いましたが 1人で悩んでいるならいつでも相談してください。

私は炊事洗濯はからっきしで知識も全くありませんが、治療や健康に必要な話しだったら大得意です。

 

ヘルニアで絶望しても、腰痛で苦しんだとしても きっと光が見えてくるはずです。
まずはあなたのヘルニア症状がどのような経緯で起きて、どのような生活習慣で悪い状態が続いているかをよく聞く必要があります。

 

そして必要な治療や改善策を講じることで結果が現れてきます。

まだまだテニスを続けられる体なのに、ラケットを置いてしまうのは早いです。

 

腰痛に、自分自身に打ち勝ちましょう!という熱い、修造モードな小野いんちょ

少しでもこの想いが届き、 80歳を超えても(!)なお元気にラケットを振れるよう応援しております♪    

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2016.08.06更新

小田原でヘルニアの整体治療は、おの整骨院へ

こんにちは、おの整骨院の小野いんちょです。

 

おの整骨院には小田原から多くのヘルニア症状でお悩みの方が治療に来られます。

 

中でも、と整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」診断された方は非常に多く、病院での治療が中々奏功しないで数年経っている方も多いです。

そこで今回は小田原を中心にヘルニア症状を訴えて来られる患者さんに向けてお伝えしていることを書いていきたいと思います。

 ヘルニアと診断されてガクッと落ち込んでしまう方は非常に多いです。

ヘルニア」というキーワードはスポーツ選手にとって深刻な話しであり、私たちのような一般人にとっても大事に捉えてしまうでしょう。

 

でも大丈夫です!

 

ヘルニアはご自身の体で起きた問題であり、改善できる症例も非常に多くなっています。

一般的に「ヘルニア」と診断された方々が通る道を書いていきますが、それで治らない方にとって希望となる記事であればと思います。

 

1.整形外科で『ヘルニア』と診断

スポーツ選手や芸能人、著名人で「ヘルニア」と診断された情報が流れることで、一般社会にも広く認知されるようになりました。

 

ヘルニアとは直訳すると「脱出、逸脱する」ことを意味します。

 

レントゲン上では中々診断するのが難しく、近年はMRIなどで確定診断に至ることも多くなっています。

 

整形外科を中心に診断されるヘルニアは主に2種類

 頚椎椎間板ヘルニア
 腰椎椎間板ヘルニア
簡単に言えば、首のヘルニアと腰のヘルニアです。

 

椎間板という背骨と背骨の間にあるクッション(緩衝材)が障害するものであり、その症状は様々です。

☑ 腰背中の痛み
☑ 足のしびれ
☑ 腰や足の張り感
☑ 腰まわりの違和感
☑ 歩き方の変化
☑ 夜間痛の出現
などなど・・・。

 

背骨の障害であるため症状は多岐に及びます。
一般的な病院(整形外科)ではリハビリ室での理学療法、注射や投薬、湿布の処方がメインとなります。

 

 

2.ヘルニア治療のリハビリを受けている

小野いんちょは以前、整形外科に勤めていました。

 

そこでは1日200人を超える、非常に患者さんの多い整形外科でしたね。
一般的な理学療法器具が揃っており、そこのリハビリ室では様々な経験をしました。

 

苦い思いでも多々ありますが(苦笑

 

思い返せば「ヘルニア治療」の一般的なモデルだったのだろうなぁと思います。

 

2-1.電気治療
いわゆる「ビリビリ」くるやつです。
整骨院や整形外科、鍼灸院など様々な場所で活躍する電気治療ですが、実際のところそれで治った!という方は皆無です。
というか不可能です。

 

簡潔に言えば「電気を体に流す」ことが電気治療の行為です。

電気を流したことで、ヘルニア(脱出)している椎間板が変わることはありません。

 

もし「何となく良くなった!」と感じた方は

その言葉通り「何となく良くなった」状態です。

 

あくまで治ったという域にはありませんので、続けて“なんとなく”を重ねても本質的に「治った」という域に達するのは難しいでしょう。

 

 

2-2.牽引治療
牽引治療は狭くなった背骨を広げる一定の働きはあります。

しかし、一時的に広げた背骨の間は牽引を緩めれば再び元の状態に戻ります。

そして症状は変わりません。。。

 

そもそも椎間板ヘルニアというのは、縦方向への潰れて起きるものではありません。
あくまで椎間板という木の年輪のような線維に亀裂が入って、内部の神経が脱出した状態です。

 

ちょっと難しくなるので端折りますが・・・。

引っ張って(牽引)良くなるなら、ストレッチで良くなりますが、そもそも牽引療法は体を障害する危険性があるため全くオススメ出来ないのです。
*ストレッチの功罪について後日アップします。

 

 

2-3.温熱治療
みんな大好き温熱治療。
ここ小田原は箱根のお膝元ですから、温泉好きな人が多いようにも感じます。

 

椎間板ヘルニアはその障害経緯は独特なものがありますが、「痛み」という症状そのものについては炎症が関係しています。

 

炎症とは読んで字の如く「熱」がある状態。

 

関節炎、腱鞘炎、中耳炎・・・。

炎症と言う字は様々な障害に付いて回る非常に重要なキーワードとなります。

 

患部が炎症(熱)している状態で温熱治療をすると、熱のあるところに熱を加えることと同じです。

つまり逆効果となりえる問題です。

 

おの整骨院では基本的に患部を温めることは絶対に致しません。
温めずに根本改善を目指すことが重要です。

 

 

 

3.ヘルニア治療でマッサージを受けている

ヘルニア症状が病院で治らない、整形外科で治らない!

となると

多くの患者さんは評判の良いマッサージを受けに行くことがあります。

 

 

腕のいいマッサージ師がいるところならば、それで良いかもしれません。

しかし
それでも良くならないという方は、改めて椎間板ヘルニアのことを思い出して頂きたいです。

 

椎間板ヘルニアとは、椎間板という木の年輪のような線維に亀裂が入って、内部の神経が脱出した状態です。

マッサージで筋肉や皮ふの張り感を改善することは一定の慰安的な効果はありますが、より深部の問題を解決することは出来ません。

 

ちなみにマッサージを全て否定するわけではありません。
現に小野いんちょはマッサージ指圧師の国家資格を取得していますし、今でもその資格を取れて良かったと思っています。

筋肉の緊張や皮ふの張り感を快方させるマッサージは非常に心地よく、デスクワークで辛い肩こりや寝たきりの方には有効です。慢性症状の鎮痛力は効果絶大ですからね。

とはいえ、ヘルニア症状にはどうか?と言われれば、難しいと言わざる負えません。それはヘルニアが筋肉由来の問題ではないからです。

 

 

4.ヘルニア治療の根本改善とは

さて、ここまで来て

「ヘルニア治療は無い!」

「ヘルニアは治らない!」

なんて悲しいことは言いません。

 

おの整骨院にはヘルニア治療を受けに来られる方が沢山いらっしゃいます。骨盤や背骨のゆがみ治療を行い、色々な養生法や注意点をご説明していますが、特に有効打となるのが患部のアイシングです。

 

特に椎間板ヘルニアの強い患部に対してのアイシングは効果的です。

 

前述したように患部では炎症が起きています。
炎症という熱そのものの問題に対して、冷湿布や塗り薬といった間接的な冷却ではなく、氷水を使用した直接的なアイシングが有効です。

 

細かい方法、注意点では改めて記事を書きますので少々お待ちください。
初めてアイシングされる時は十分注意して行う必要がありますので、特にこの時期には寒くないように十分ご注意くださいませ。

 

 

ヘルニア症状そのものは非常に辛いものです。

 

しかし、決して諦めず再び健康的な体を取り戻しましょう!

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2016.06.30更新

腰が痛い!小田原でヘルニア治療をお探しの方へ

こんにちは!おの整骨院の小野いんちょです。

 

気圧の下がるこの時期は体調不良を訴える方が非常に多いように感じます。

 

特に最近多いのがヘルニアと診断された方。

 

 

小田原には腰痛界(?)の名医がいらっしゃるようですが、如何せん腰痛症は多い地域です。

 

特にヘルニアと診断された方は多く、当院にも毎月10人以上は過去にヘルニアと診断されている方が来られます。

 

 

思うところは色々とありますが、ヘルニア症状を取り巻く現状について書きたいと思います。

実はこの時期って体調不良を訴える方が多いんですよね。

特に最近多いのがヘルニアと診断された方。

 

小田原には腰痛界(?)の名医がいらっしゃるようですが、如何せん腰痛症は全国的にみても多いです。

 

特にヘルニアと診断された方は多く、当院にも毎月10人以上は過去にヘルニアと診断されている方が来られます。

 

日々、全力で診療に励んでいる小野いんちょ。診断や治療を投げっ放しにしている病院や整体院が多いなぁ~と思っているところです。

他にも思うところは色々とありますが、今回はヘルニア症状を取り巻く現状について書きたいと思います。

 

 

今回の記事を書き上げて、改めて自分自身を律して、知識や技術だけでなく人間力を磨いて診療に励んで参ります。

 

1.ヘルニアと診断できるのは病院だけ

最近ではテレビや雑誌で「●●病」「●●症候群」といった情報が多くなり、日々色々な病名が現れては消えていきます。情報過多な現代ですね。

 

腰痛になると、私はヘルニアかな?と心配られる方も多いです。

 

ちなみに、このよく見聞きする「ヘルニア」を確定診断できるのは医師だけです。これは知識や技術の話ではなく、【診断権】という権利が医師にしかないからです。

 

ここ小田原・足柄上郡エリアにも多くの施術所があります。

整骨院
整体院
鍼灸院
マッサージ院
カイロプラクティック
これらの知識を積んだ先生は、検査や経験によって患者さんの症状からヘルニアと診立てることもありますが診断を下すことはありません。

同様に診断書を書くこともありません。

 

 

しかし、臨床的には「おおよその判断」が出来るため、患者さんに説明する際には「ヘルニアの可能性がある」といった旨の会話になります。この症状は「間違いなくヘルニアです!」とは絶対に言いませんが、治療の流れでヘルニアを踏まえた対応をすることが殆どでしょう。

 

診断権は医師にしかありませんが、それは診断に限った話し。病院でヘルニア症状が改善しなければ整骨院や整体院へ、整体院や鍼灸院で改善しなければ病院へと駆け込む方が多いの現状です。

誰がいい悪いでもなく、枠にならなければ他の選択肢を考えるのが本音ですからね。正しい判断だと私は思います。

 

 

2.ヘルニア治療は病院以外でも出来る

そもそもヘルニアは背骨と背骨の関節間で起きる骨格系の障害。

整骨院や整体院では露出した椎間板を外科的に切除(手術)することはできませんが、適切な処置をすることでヘルニア症状が減る方は多いです。

 

「整体や手技療法には科学的根拠が無い」と言われることがあります。残念ながらこれは事実です。

科学的な根拠というのは様々な角度から実験検証を行い、繰り返される反証に対して根拠をもって立証できるものであり、その集約が論文として発表され認可および認証されたものです。

 

何をもって科学的とするかの判断が必要であり、そういう意味では手技療法は非科学的と揶揄されても仕方ない部分があります。

 

その上で、当院では手技療法によるヘルニア症状を改善できると思っています。

「気の流れ」を数値化、可視化、立証できないように、何でも数値化、可視化できることが全てではありません。

 

具体的にはヘルニアと診断されてから「今日はなんだか調子がいいな」という日はありませんでしたか?

 

このような調子が上向きのときに、露出した椎間板は引っ込んでいるかというと、その位置関係や状況は変わっていないはずです。

好不調の波があるように、好調時の状態がなぜ起きているのかを正確に判断することが重要です。

整骨院や整体院ではその好不調な状態を診ていきます。

 

 

3.ヘルニア治療の通販DVDについて

今回ご来院された患者さんはインターネットでヘルニア改善のDVDを観ていました。

 

それにも関わらず、おの整骨院に来たわけですからお察しください。

 

仮に「腰部椎間板ヘルニア」と診断されたとしても、どの椎間板がヘルニアとなっていてもその状態になった原因は十人十色です。

☑ 性別
☑ 年齢
☑ 体重
☑ 身長
☑ スポーツ歴
☑ ケガ歴
☑ 妊娠出産の有無
☑ 座り方
☑ 椅子の種類
☑ 寝具
などなど・・・。このように挙げたらキリがない程の情報を集めて、状態を把握しその人に合った診療方針を立てて治療を行い、養生指導をします。

 

その過程で症状が悪化したり、改善したりといった変化に合わせて再び診療方針を確認し、現状と目指すべき状態への照らし合わせを必要とします。

 

大衆向けのDVDを観てヘルニアが治るほど人の体は簡単ではありません。ハッキリ申し上げれば治りません。

動画観て治るなら施術所はこんな増えませんって。腰痛改善DVDの紹介ページをいくつか読みましたが、治る定義づけがあまりに杜撰だなーと思ってしまいました。

ちなみにテーピングや手技療法といった治療家向けのDVDはアリだと思っています。技術アップのための映像や資料は自分の中で学習し、修練するのに必要ですからね。しかし患者さん向けとなれば、少々かんたんな問題とは言えません。

 

患者さん向けに腰痛改善DVDを紹介している人は、紹介者としての責任を放棄していますので購入は自己責任です。アフィリエイターの餌食にならないようご自身でよく考えて決めましょう。

 

 

4.小田原でヘルニア治療をお探しの方へ

ヘルニア症状というのは悩んでいても、放っておいても勝手に解決するものではありません。むしろ改善するはずなのに、手術や体にとって害となるボキボキ矯正やマッサージを受けている方が多く、凄く口惜しい気持ちになります。

 

1人でも多くの方がヘルニア症状から解放され、健やかな日々を送れるよう祈っています。

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ 


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は、まずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2016.06.13更新

【足柄上郡】ヘルニアで足を引きずっている方へ

こんにちは、小野いんちょです。

梅雨に入り体調不良を訴える患者さんが非常に多くなったように感じます。

特に多いのが「腰下肢」の症状です。

 

昨日の新患も全員が腰下肢痛で、ヘルニアと診断された方もいらっしゃいました。

 

ヘルニアで足を引きずっている方へ

「腰部椎間板ヘルニア」 

この言葉を耳にする方は非常に多いと思います。

 

 

一時、「腰痛と言えばヘルニアの疑い」といわれる程に知名度は上がり、スポーツ選手は元より一般人でも非常に多くの方が診断を受けたことでしょう。

 

 

このヘルニアで特徴的な症状が“下半身”への痛みです。

状態によっては痛みよりも、痺れやハリ感を訴える方もいます。

 

 

総じて起きるのは「足を引きずる」現象です。

これは非常に辛い。。。

 

腰痛だけの症状ではなく、大腿部や下腿部に感じる症状は歩く気力を削ぎます。

大変辛い症状であり、骨盤を含めた体の障害した部分をしっかり安定させなければ後々残る症状の一つです。

 

 

 

ヘルニアは体重をかける

意外に思う方も多いですが、体重を掛けていくことの方が症状は軽くなります。

 

ヒトは痛みのある部分に対して逃避行動を取るため、腰痛の方は腰が引けた姿勢を取ることがあります。

痛み(炎症)が強いうちは致し方ありません。

しかし、出来るだけ早期に体重を穏やかにかけていき、回復基調に乗せられるよう働きかけるべきです。

 

このような指導だと

「歩くと痛い!」と仰る方は続出します。

 

 

そのために治療後のウォーキングを勧めているのです。

 

 

ただ治療に来れない場合については、まず“荷重”をその場で掛けることから始めると良いでしょう。

・立ち上がる時に腰下肢に体重を載せて立つ。

・座り姿勢は下半身の関節を90°にして、腰を少し伸ばす。

・立ち姿勢は腰が引けないように真っ直ぐ立つ。

・四つん這いで四肢の荷重が腰に掛かるようにする。

 

 

などなど。

これらの姿勢は一部ですが、まずは歩く前の段階から整えていくことが必要です。

何にせよストレッチや牽引は体重を載せることとは真逆ですので絶対オススメしません。

 

ヘルニアも早期改善が症状悪化を防ぐ一番の手立てとなります。

お悩みの方はお早目にご相談くださいませ。

 

 

 

ヘルニア症状が気になる方は、下記のヘルニアページをご確認くださいませ♪ 

ヘルニア症状

当院のヘルニア治療は初めての【来院で不安な方を応援!キャンペーン】を行っています。
詳しくはヘルニアページをご確認くださいませ♪

 

  

おの整骨院 小野いんちょ


 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急小田原線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院

2015.02.03更新

こんにちは!
おの整骨院の小野いんちょです。

 

小田原で腰痛の原因をヘルニアと間違えている方へ

今回はヘルニアについてです。

腰痛いなー!ですぐヘルニアを連想するのもTVや雑誌、ネットといった情報量が多くなった影響だと思います。

一面的には情報量が多いのは良いことですが、全体的に見れば情報過多な現代社会では何が正しいのか解かり辛いものです。

 

兎角、体のことについては本来正しいとされていることも、現実的に治らない腰痛患者の数が逆説的に正当性を物語っていると思います。

 

そもそもヘルニアとは

【体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す】

 

 

色々あるヘルニアの中で整骨院でも耳にするのが【椎間板ヘルニア】です。
よく発生する部位としては

腰椎椎間板ヘルニア
頚椎椎間板ヘルニア

などが代表的です。

(鼠径ヘルニアはこの項では除外します)

 

 

椎間板という水を豊富に含んだ軟部組織から椎間板の一部が飛び出した状態が椎間板ヘルニアです。
そしてその飛び出したものが神経を圧迫して痛みを引き起こしていると云われます。

 

 

しかし、それは本当でしょうか。

 

ヘルニアの有無で腰痛を判断していますが

ヘルニアがなくても腰痛が発生していたり、逆にヘルニアがあっても腰痛が無かったりします。
そのような状況において本当にヘルニアが腰痛の原因とは言えるのでしょうか。

 


ヘルニアとは、あくまで結果であって原因ではありません。

 

そもそも論として重要なことなのです。
レントゲン等の画像診断で何もなくても腰痛があったりなかったりするわけですから、そもそも痛みとは何なのかを考えていくことの方が大切な気がしますね。

 

 

 

小田原でヘルニア治療を考えている方へ

さて、話しをヘルニアに戻します。
ヘルニアの治療をしていく上で重要なことは、たとえ髄核が飛び出た状態であったとしても水分量の多い髄核はやがて脱水し吸収されていきます。

 

そして飛び出したことで内分量が減った椎間板はどうなったかというと、薄くやや水気に欠けていきます。
これはやがて椎間を狭くさせ、本来持っていたショックアブソーバー(緩衝材)としての役割が効かなくなります。

 

ちなみにこの一連の流れで椎間が狭くなったとしても、その期間腰痛を訴えない方も沢山いらっしゃいます。
仮に椎間が狭くなっても痛みそのものは別次元で発生しているものですから、対処を間違えなければ十分治癒が可能です。

 

ヘルニアは何も不治の病でも難病でもありません。自然の摂理の一部に過ぎません。恐れず向き合って治していきましょう。

 

 

椎間板ヘルニアに関するより詳しい情報は下記の症状ページをご参考になさってください。

小田原でぎっくり腰の治療はおの整骨院へ

ぎっくり腰シリーズ完結編。おの整骨院が勧める正しい対処法についてです。辛くてお困りの方の助けになればと思います。ぜひご参考にされて下さい。

 

 

腰痛治療は不定期でキャンペーンを実施しています。

詳しくは腰痛ページをご確認くださいませ♪

腰痛ページ 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

ヘルニアの治療はおの整骨院まで。
 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院