症状お悩みブログ

2015.09.01更新

こんにちは
おの整骨院の小野いんちょです。

いよいよ2015年も9月になりました。あと四半期も全力で駆け抜けて参りますぞー!おー!

 

 

さて 

 

タイトルコールをしましたが、むち打ち症の本質は「捻挫」にあります。

捻挫と聞くと足首を捻って痛めた怪我をイメージされることが多いと思います。

捻挫こそ!

Googleで「捻挫」と検索してみると
その大部分が足首の負傷について表示されますから「捻挫=足首」という印象が一般的ですね。

 

 

そもそも捻挫とは

「骨と骨の間に起こる急激な捻れ、あるいは激しい外力による関節周辺の関節包や靭帯の損傷をいう」

と上記のように定義されています。

(柔道整復学出典)

 

 

「足首の~」とは定義されていませんから
捻挫が起きる場所については「骨と骨の間」と規定されています。

 

 

つまり捻挫は、関節部分であれば起こり得る損傷であり、その部位は首や腰でも捻挫は起きるものだということです。

 

 

 

むち打ち症に話しを向けますと

交通事故による衝突外力が体に加わり
激しい外力によって関節の損傷が引き起こされた捻挫が「むち打ち症」なのです。

 

事故の衝撃は車や患者の見た目で判断がつくほど簡単なものではありません。

ましてや関節の捻挫であるという観点から見れば、捻挫したところにマッサージが果たして有効と言えるでしょうか?

 

捻挫に対して必要な処置こそが、イコールむち打ち症に対する処置と合致していきます。

 

次回は捻挫処置も絡めた内容でアップしていきますね♪

 

 

※ちなみにWikipediaでは「捻挫は関節の許容範囲を超えた動きが与えられた為に起きる損傷の一つ」として定義されています。
小野いんちょとしては、Wiki先生の定義の方がしっくりきますが、今回のむち打ち症にまつわる内容については柔道整復学の定義の方が解かりやすいのでそちらを採用しました。

 

どちらにしても「組織損傷」という大枠で一致するものです。

 

おの整骨院 小野

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137
℡:0465-44-4664

 

交通事故によるむちうち、捻挫、打撲、手足の痺れの治療はおの整骨院まで。
土、日曜日の診療、平日は20時までとお忙しい方にも対応しております。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院