症状お悩みブログ

2015.03.19更新

こんにちは!
おの整骨院の小野いんちょです。

 

小田原の整形外科でギックリ腰を治療しますか?

今回はギックリ腰シリーズ。第四弾


1.そもそもギックリ腰はどうしてなるのか?
2.ギックリする前に起きる体のサイン
3.ギックリ腰に対する間違った対処
4.整形外科での対応は?
5.正しい対処法

 

いよいよ4回目まで来ましたギックリ腰シリーズ。
うん、長い(苦笑)

 

今回を含めてあと2回となりますので、もう少々お付き合いください。

 

 


『整形外科での対応』


前回は自宅で行われる一般的な対応について、ひとつひとつ持論を述べさせて頂きました。

今回も同様に、整形外科で一般的に行われる対応について再考していきたいと思います。

 

 

ではギックリ腰で行われる主な対応は以下の通り


1. 注射
2. 画像診断
3. 電気治療
4. 温熱療法
5. 牽引器
6. 薬

 

 

ザッと挙げましたが、概ねこんなところでしょうか。

 

これらはギックリ腰で行われる主な対応であるため「手術」という選択肢は除外しています。私の就業経験から、整形外科で行われる腰痛治療の大半は上記6種だったと記憶しています。


それではひとつひとつ解説していきます。

 

 

 

 

1.注射


関節、筋肉、神経といった組織に対して局所麻酔ステロイド剤が入った注射を打つことがあります。

 

これによりギックリ腰のような強い痛みを一時和らげる狙いがありますが、あくまで一時しのぎです。注射液の効果が切れる頃には再び痛みが訪れることは容易に想像がつきます。

 

 

 

さて、“ブロック注射”と一般的に云われていますが、基本的に手術を除く他の治療方法が効かない場合に選択されることが多いです。

 

つまり最初の一手目で注射をすることはお勧め出来ないということです。

 

 

「痛み」というのは限界値を知らせるサインでもあります。


腰やその周囲が損傷している状態で、より強い損傷が加わらないようにする自分へのサインが「痛み」です。

 

痛みが感じない(感じづらい)状態は限界値を超えて、さらなるダメージを体に刻む可能性があるため注射をした後の管理は十分に注意が必要となります。

 

 

 

 

2.画像診断


一般的なものとして画像診断は三種類

 ・レントゲン撮影
 ・MRI
 ・CT

 

 

これらの中で最もポピュラーなのは『レントゲン撮影』です。

 

レントゲン撮影により背骨の隙間を見たり、骨折の有無を判定することが出来ます。レントゲンはほとんどの医療機関にあるので、あなたも人生で一度は利用したことがあると思います。

 

 

さて、このレントゲン撮影

 

基本的に骨の状態を確認するために行うものですが、ケガによる影響を除けば大部分は撮る必要性がありません。腰痛を始めとする関節の痛み、筋肉の痛み、歪みなどは中々レントゲンで判断することは出来ません。

 

レントゲン撮影に関する問題点はありますが、今回の記事では控えておきます。


骨折の有無を確認する状況を除けば、レントゲン撮影はされないことをお勧め致します。

 

 

 

 

3.電気治療


これは超音波、干渉波といった電気を用いた治療器具です。
おの整骨院にもありますが、この電気治療器具も多くの整形外科や整骨院にあります。

 

根本的な治療効果はありませんが、一定の鎮痛、鎮静効果が期待できるため、当院でもほとんどの患者さんに利用してもらっています。

 

過分な期待をかけないようお気をつけください。

 

 

 

 

4.温熱療法


ギックリ腰のような強い痛みは、腰に強い炎症が起きている状態です。

 

打撲、捻挫のようなケガは大きなダメージが体に加わったことで起きる炎症です。

 

 

しかし、ギックリ腰は日々の僅かなダメージが腰に蓄積した結果として、臨界点を超えた時に起きるものです。

 

蓄積されたダメージに温熱療法を加えることは、熱エネルギーの蓄積という物理的法則が働くことになります。

 

よって軽い腰痛であっても温熱療法は避けた方がよく、ギックリ腰の状態で行うのはもってのほかです。

 

 

ちなみに自宅の場合、入浴は厳禁です。まぁギックリ腰直後に入浴するのは相当な労力なので、その危険性を冒してまで入浴する必要性はないと思います。

 

 

 

 

5.牽引器


以前、首のかたちについて記事を書きました。

【首肩の痛み】まずは首のかたちを見てみる

 


これは腰についても同じことが言えます。

 

牽引という引っ張る力は、関節に対して引き離す力が加わります。

 

そもそも関節や筋肉というのは引っ張りに対して弱く、牽引力を加えるとズレや歪みを引き起こす可能性があります。

 

 

ギックリ腰を起こした直後は痛みが強く、そのような状態で牽引器を使うことは無いとは思いますが根本的に牽引が好ましい結果を残さないということは間違いがありません。

 

 

 

 

6.薬


貼り薬、塗り薬、飲み薬など

 

特に痛み止めなどの飲み薬は注射同様、無理をしてしまう傾向があります。

そもそも「薬はさじ加減」という言葉があるように、劇薬に近い効果のある薬は特にさじ加減が必要です。

 

 

貼り薬(湿布など)に効果が無いことは詳しく述べませんが、飲み薬の使い方は状況によって上手く使い分けなくてはいけません。

 

 

 

基本的な6種の対応を説明しました。

電気治療を除くほとんどがお勧め出来るものではありません。

 

 

次回はおの整骨院のギックリ腰対応を書きまして、ギックリ腰シリーズ最終章です。

 

 

おの整骨院 小野

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

腰痛の治療はおの整骨院まで。
 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院

2015.03.07更新

こんにちは!
おの整骨院の小野いんちょです。

 

小田原でギックリ腰の間違った対処法を防ごう!

今回はギックリ腰シリーズ。第三弾

 

1.そもそもギックリ腰はどうしてなるのか?
2.ギックリする前に起きる体のサイン
3.ギックリ腰に対する間違った対処
4.整形外科での対応は?
5.正しい対処法 

 

 

『ギックリ腰に対する間違った対処』

 

ギックリ腰は、西洋では魔女の一撃と言い伝えられるほどの激痛を感じる腰痛の代表的な症状です。

 

しかし実際になってみると、何もする気が起きない程の強烈な痛みにのた打ち回るしかありません(動くこともままなりませんが)。

 

しかも対処法において、間違った対処は逆効果に転じる可能性もあるため十分気をつけなくてはいけません。

 

 

 

では自宅で行う主な対処法は以下の通り。

 1.湿布
 2.ストレッチ
 3.マッサージ
 4.お風呂

 

色々ありますが、まずはこれら4つを見直していきましょう。

 

 

 

1.湿布

応急処置として

「とりあえず湿布を貼っとけ!」

と仰る方がいますが、残念ながら湿布に治療効果はありません。

ギックリ腰に湿布を貼るのは応急にもならないため、使用はお控えください。

初っ端から飛ばしていきます。

 

知らなかったと仰る方は意外と多いのが湿布の効果。

 

 

長時間貼り続けると、強烈な炎症が起きている腰に熱を留まらせる結果となります。

さらなる痛みの発生すらもあるため長時間、湿布を貼ることは危険です。

 

 

湿布には炎症を解熱・鎮静させる効果があるとされていますが、表面の僅かな冷感こそあれ、深部に潜む関節の炎症を取り除くまでには至りません。

 

 

最近でこそ、ロキソニンを始めとする色々な成分が含まれた湿布が処方されています。

 

しかし、熱を奪う役割があるはずの湿布には缶ジュース1つ冷やすことが出来ません。

 

これではギックリ腰の強烈な炎症が果たして取れるのでしょうか?

 

 

残念ながら湿布には炎症を取り除く効果は無いため、おの整骨院としては一切お勧め出来ません。

 

 

 

 

2.ストレッチ

世間には「腰痛体操」が溢れかえっています。

おの整骨院では体操指導において、基本的にストレッチは推奨致しません。

 

これはギックリ腰がなくても同様です。

 

 

ストレッチは軽めに行ったとしても時には関節を破壊するほどの強い力が発生します。

 

たとえ自力で行うにしても、反動をつけたり限界値を超える程のストレッチは単純に関節が不安定になるだけです。

過度なストレッチは禁物!

ギックリ腰のときには当然こんな姿勢はできないと思いますが、症状や状態によって可能な範囲で行う程度の体操は在ります。

 

 

ストレッチも体操も、そもそも何故行うのかを突き詰めて考えていけば自ずとやり方は決まってきます。

どのような動きが体のバランスを整えるのかを十分把握し、その上で無理なく運動をしていくことが大切です。

 

 

話をギックリ腰に戻しますが

ストレッチを行うことでギックリ腰が軽快するわけではありませんし、引き伸ばすような力はやがて筋肉や関節へダメージを与えるだけです。

 

よってストレッチも控えておきましょう。

 

 

 

 

3.マッサージ

マッサージは使いようです。

おの整骨院の治療内容で【メディカルマッサージ】があります。

しかし、こと急性期や強烈な痛みに対してはマッサージは致しません。

 

強い炎症状態に陥っている腰は同時に筋腱など組織がダメージを負っています。

 

この状況において親指による強いマッサージはさらなるダメージを蓄積することになり、痛みを増大させる可能性があります。

 

「揉み返し」に遭った方ならよく解かることですが、マッサージの刺激は時に体に気だるさや痛みを与えることがありますので使いどころを間違えてはなりません。

 

そもそもマッサージの押す力は物理的なエネルギーとして体に影響します。

ギックリ腰は過剰なエネルギーが腰に蓄積した状態ですから、さらなる刺激(エネルギー)を加えることは危険極まりないものです。

 

 

鍼(はり)は寫法といって、滞っている気の流れを良くする狙いがあります。

 

鍼を打てば一発で良くなる!という希望をもたれる方がいますが、その効果が得られるのは極少数です。高名な先生方でギックリ腰を“必ず”一発で治す方は聞いたことがありません。

 

10人ギックリ腰で苦しむ方がいれば、10通りの腰の状態が診られます。それに合わせた鍼の打ち方があるのでしたら、間違いなく神の手と云えるのかもしれませんね。

 

 

おの整骨院では物理的な側面で捉え

物理法則として溜まったエネルギーを取り除くことこそが症状改善のカギを握ると確信しています。

 

そのために必要なのがアイシングです。

痛みや炎症があるときはアイシングが効果的!

当院では『アイシング治療』を行っています。冷やすことに対する一般的な考え方はネガティブなものが多いですが、実践してみて多くの方々の症状が改善されています。本来の目的に沿った正しいアイシング方法を解かりやすく解説していきます。

 

 

 

 

4.お風呂

 

さて、みんな大好きお風呂。

湯船は体温以上です。炎症部位にさらなる熱を加えるのは危険です。

ここまで読み進めて頂いた方にはもう解答が解かっていると思いますが、基本的にギックリ腰を起こしている時にお風呂はNGです。

 

 

湯船は体温より低いことはなく、ほとんどが39~41℃の温度帯です。

 

湯船につかるということはそれだけ多くの熱が自分の体に入ってくることになります。身も凍る寒い日に入る風呂と違い、ギックリ腰のように強烈な炎症が腰に起きている状態では火に油を注ぐ行為です。

 

 

そもそも動くのがやっとの状態で浴槽に入ること自体、容易なことではありません。炎症を強める危険性があるのですから逆効果だという認識でいいと思います。

 

 

余談ですが

 

軽い腰痛の時にお風呂に入るのはどうか?という質問を受けます。

 

熱い湯船に入ってサッと出るぶんには、それほど膨大な熱が患部に入ることはありませんので悪くはないと思います。それどころか気化熱の利用により、排熱効果もありますのでお風呂も使い方次第だと思います。

 

 

 

 

『ギックリ腰の間違った対処法』まとめ

世間一般的に云われているギックリ腰の対応についてまとめましたが、最近は痛み止めの飲み薬を服用される方もいらっしゃるようです。

 

よっぽど休めない、動かなくてはいけない局面であれば致し方ない部分はありますが、基本的に飲み薬を服用するのは推奨できません。

 

悪影響の方が大きく、鎮痛作用が切れた時の衝撃的な痛みは想像したくありません。

 

散々脅かした感じになりましたが、具体的なギックリ腰の対処法は5.対処法でお伝え致しますのでもう少々お付き合い下さい。

 

 

 

次回は4.整形外科での対応は?です。

 

 

ぎっくり腰のより詳しい情報は下記の症状ページをご参考になさってください。

ぎっくり腰|小田原でぎっくり腰の治療で評判のおの整骨院

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 

 

お電話での問い合わせ

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

 

 

ぎっくり腰の治療はおの整骨院まで。
 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院