症状お悩みブログ

2017.09.25更新

坐骨神経痛に効くたった1つの治療法

こんにちは。

小田原・足柄上郡で根本改善の診療を行っている

おの整骨院です。

 

 

 

温めても坐骨神経痛は治らない
そんな強い坐骨神経痛にお悩みの方へおの整骨院では自信を持ってお勧めできる治療法が一つあります。
今回はその治療法で一人でも多くの方が元気を取り戻すことを願い書かせて頂きます。

 

 

 

1.そもそも温めることが必要なのか

病院や整形外科、整骨院などでは

一般的に温めて動きましょう、マッサージをして柔らかくしましょう

といった考え方が一般的だと私は思います。


では、そもそも温めることが体には必要なのでしょうか。



実は温めることに必要性はありません。

 


坐骨神経痛は冷えからくる症状ではなく、

本質的に体の機能が落ちていることでしびれや太ももの痛みを訴えます。

 

 

また、

 

冬は冷えるから坐骨神経痛がつらいのよ

 

とおっしゃる方もいますが、

そういった感情的なものではなく、

ちゃんと理由があって症状があり、

 

その理由、つまり

原因を排除しなくては神経痛は改善しません。



難しいことはわからない・・・

と言う方がほとんどだと思います。

なので理屈はこちらに任せてください。

 

 

 

2.坐骨神経痛にはアイシングが効く

神経痛は神経に炎症が起きて痺れや痛みを

引き起こしていると言われています。


つまり患部では炎症、

つまり熱が神経にダメージを与えるということです。



おの整骨院では、そこを踏まえて

炎症が起きている患部を冷やして神経痛の改善を狙います。


実際のところ多くの方が神経痛の改善が見られているため、

理論と現実が合っていることが分かります。



もしあなたが長い間温めているのに治らないであれば、

それは冷やした方がいい症例だと確信できます。

 

 

 

3.坐骨神経痛を温めることはいけないの?

温めることが100%悪いとは言いません。


しかし多くの方は温めている間は痛みを感じなくても

時間が経てば元に戻ってしまう現実を実感していると思います。



私は奇をてらってアイシングを勧めているのではなく、

現実的に炎症が起きてる所は冷やすことだと確信しているからです。

 

 

 

4.小田原に多い坐骨神経痛

おの整骨院では多くの坐骨神経痛でお悩みの方が来られます。

特に小田原からは多くの座骨神経痛の診断を受けた方が来ます。



これは小田原の整形外科で

坐骨神経痛を診断する傾向が強いのかもしれません。

 


坐骨神経痛は温めて治るのであれば、

歩いたりお風呂に入ればすぐ治るはずです。



しかし、数日、数週間、数ヶ月と長く続く症状は

 

今まで行なってきたことの方向が違うことを意味しています。



アイシングは野球選手も行う治療法の一つですから、

今では当たり前のように行っていることがほとんどです。


もし坐骨神経痛で困っているあなたが

冷やそうと勇気を出して下さるのであれば、

 

私に相談していただくか、前に書いた記事を参考にされてください。



おの整骨院では1人でも多くの坐骨神経痛が改善されることを切に願っております。

 

 

 

 

 

気になる方は下記の腰痛ページをご確認くださいませ♪ 

腰痛治療について

腰痛治療は不定期でキャンペーンを実施しています。
詳しくは腰痛ページをご確認くださいませ♪

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

 

【所在地】

神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137 

 

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りのこと、お悩みのことはお気軽にご相談ください♪

 

メール問い合わせ

 

気になる方は

まずLINE@友達登録から♪

LINEでお友達登録

投稿者: おの整骨院