スタッフブログ

2015.04.13更新

こんにちは!小田原、足柄エリアでスポーツを楽しむ方から妊婦さんまで、皆様の健康をサポートする!おの整骨院の小野いんちょです。

 


今日は少し突っ込んだ内容です。

 

最近は交通事故後の治療における保険金詐取によるニュースが見受けられました。

 

同業者ゆえに目についたのかもしれませんね。

 

3月は整骨院で、4月は整形外科で

それぞれ逮捕者が出た不正請求に関連した事件。

 

 

なぜこのような、患者さんにとって不幸な事態が起きたのかというと以下のポイントがあります。

・交通事故治療は自己負担0円
・「たくさん通えば早く治る」という言葉

整形外科で起きた事案についてはあまり突っ込みませんが、双方共に残念な話です。

 

 

 

 

◆交通事故治療は自己負担0円◆
交通事故に遭った場合


最も一般的なのは被害者が、加害者の自動車にかかっている自賠責保険に、事故に関連した治療費を請求します。

交通事故後に治療を受ける場合、所定の手続きが要ります。

このとき加害者が任意保険に加入していた場合

任意保険の会社が全額を被害者に支払い、その後に保険会社が自賠責保険から賠償額を回収していきます。

 


被害者サイドで簡単にいえば

患者さんは自己負担(窓口で払う金額)が0円になるということです。

 

これは事故に関わった状況であれば当たり前の流れです。


しかし、問題は自己負担が0円であることをいいことに毎日のように通院を促す点です。
それどころか来院数を水増しするという不正を犯していました。

 

 

 

 

◆「たくさん通えば早く治る」という言葉◆

よく「たくさん通えば早く治る」という説明をする方がいますが、これは真実ではありません。

通うのが目的ならそれでよし

そもそも『治る』ということに関して誤解されている方が多いようです。

 

 

「楽になった」

「治った」は全く異なるものです。

 

 

治療行為によって患部の炎症が鎮静し、一時の強烈な症状が落ち着いたとしても、ダメージを負った組織の修復には一定期間が必要となります。


打ち身で出来た痣が時間をかけて消えていくように

内部で起きた問題(ダメージ)は、たくさん通ったからといって治るものではありません。

 

体の治るスピードを、通院頻度で上手くコントロールしなくてはいけません。

 

 

 

おの整骨院における「治った」とは

“自立した”状態を指します。

 

症状があればアイシングを行い
歯を磨くように生理的な体操を行い
日頃の姿勢意識生活意識を高め
空いた時間でなるべく生理歩行を行う

 

これらが出来ずして「治った」とは言えません。

 

数日後に症状が再発する可能性があれば、「楽になった」に過ぎないということです。

 

 

 

この自立した状態になるまでは一定期間の日数が必要です。

逆を言えば、上記のような養生に向けた意識が高めていくのがゴールなわけですから、漠然と通うのではなく計画性を持って診療を進めていくことが本来の診療行為です。

 

期間があければ治りづらく
期間を詰め過ぎれば自立した状態からは遠ざかる・・・。

 

このように診療とは、二人三脚で進めていくものだと私は思います。

 


わたしは「たくさん通えば早く治る」ではなく


「たくさん通えば早く炎症が落ち着くから、症状が落ち着いたら徐々に来院頻度を減らして、卒業を目指しましょう」と伝えます。

 

 


患者さん一人一人、診療における『ゴール』に要する期間は違うわけです。

それは一人一人、症状や生活習慣といった個人差があるから当たり前の話です。

 

 


自己負担が0円というのはあくまで患者さんの問題であって

診療者がそれを理由に通院頻度を変えるというのは矛盾した話であることを忘れてはいけないと思います。

 

 

 

治すのが目的なのか

通うのが目的なのか

 

交通事故という、人生を変える程の大きな出来事に対して真摯に向き合い、診療者が指し示す方角が「治る」ための道筋であることを祈るばかりです。

 

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ

 

【最寄駅】
JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分

神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

 事故

お電話での問い合わせ

メール問い合わせ

 

気になる方はまずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

むち打ちの治療はおの整骨院まで。  

土、日曜日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: 小野いんちょ