症状お悩みブログ

2015.02.21更新

こんにちは!
おの整骨院の小野いんちょです。

 

 

ギックリ腰シリーズ第2弾

ギックリする前に起きる体のサイン

ギックリ腰に対する一般的な考え方を元に、各段階に分けておの整骨院の方針と見解をアップしていきます。

 

1.そもそもギックリ腰はどうしてなるのか?
2.ギックリする前に起きる体のサイン
3.ギックリ腰に対する間違った対処
4.整形外科での対応は?
5.正しい対処法

 

二回目の今回は
ギックリする前に起きる体のサイン』 

前回の記事で原因について触れましたが、今回はギックリ腰が起きる前に体から発せられるサインについてです。

 

ぜひご参考ください。

 

 

 

2-1.ギックリする前に起きる体のサイン

ギックリ腰は寝返り、立ち上がる際といった動きの変化で生じるため、それが原因だと思われがちです。

 

しかし本質的には違います。

 

ギックリ腰が起きる状態までに腰が追い込まれてしまったのが問題です。

このギックリ腰一歩手前の状態を“隠れギックリ腰”とした場合

 

“隠れギックリ腰”ともいえる水準までいくということは、当然腰のバランスが失われている状態です。

 

つまりギックリ腰になる方には、腰のバランスが崩れているという兆候(サイン)が出てくるはずです。それをいち早くキャッチし、正しい対処を施すことでギックリ腰を未然に防ぐことが出来るということです。

 

 

 

では具体的な体のサインは下記の通り。

 ・腰のハリ感
 ・寝返りで腰周辺が重い
 ・つまずく、足が前に出てこない
 ・ふくらはぎをつる
 ・背中や腰をのばすとポキポキと音が鳴る。

 

 

なんだか誰にでもありそうですよね。

 

そうです。
誰にでも起こりうるのがギックリ腰の怖いところです。

 

 

日々、腰に感じる不調感が臨界点を超えた時にギクッ!といくわけですから、そのサインはやはり腰痛に似たものばかりです。

 

軽い腰痛であっても決して油断せず、早い対応がギックリ腰予防の鍵を握ります。

 

 

 

 

2-2.ギックリ腰の変わった前兆

数あるサインの中でちょっと変わっているのが

 

『つまずく、足が前に出てこない』
『ふくらはぎをつる』

 ぎっくり腰の前兆

こういった足にまつわる感覚の変化や違いは腰の状態を表します。

 

おの整骨院では腰の治療時にまず様々な検査をして腰の状態を把握します。

 

その中で足の指や股関節の動きをみる検査があり、その動きをみて腰がどれほどの水準まで痛んでいるかを判断します。当然ですが、足の症状があれば歩き方で腰がどのような状態かを把握することもできます。

 

おの整骨院で体操スペースがあるのは運動だけでなく、歩き方も含めて診ていくからです。

 

 

今回挙げた体のサインは一部に過ぎませんが、まずはこれらのポイントを忘れずに押さえておきましょう。

 

 

 

おの整骨院 小野いんちょ


 【最寄駅】

JR御殿場線 相模金子駅 徒歩7分
小田急線 新松田駅または開成駅 車で1分


神奈川県 足柄上郡 大井町 金子1137

お電話での問い合わせ

メール問い合わせ

気になる方はまずLINE友達登録から♪

LINEでお友達登録

腰痛、ヘルニアの治療はおの整骨院まで。

交通事故治療(自賠責)も対応しております。

 

土曜日、祝日の診療、平日は20時まで受け付けておりますので、お忙しい方にも対応可能です。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者: おの整骨院